北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

弥生 00001

北海道 天然水 2012年 弥生 00001

新水IBUKI通信

◆この度、皆様のおかげで北の大地、札幌から良質の天 然水をお届けできることになりました。ご試飲いただいた 期間を通じて多くの方々から、感想や要望をお寄せいた だきました。準備段階から関心を向けてくださった皆様 にこの場を借りて心よりお礼を申し上げます。
      *
  「新水いぶき」の品質には専門機関の検査結果から 自信をもっておりましたが、昨年末に行政の正式許可を 得て、製品化から商品化への道を1歩ずつ歩んできてい ました。
ありがたいことにその間にも購入の仕方、価格のことなど でお問い合わせをいただくことも多く、この度、ようやく公 式デビューをさせてもらいます。これは一重に「北海道 天然水 新水いぶき」の誕生をあたたかく見守ってくだ さった皆様の支援の賜物であります。
  これからは、めぐり合ったお客様と雪国育ちの地下水 との良き縁をより信頼しあえるものになるよう一層の努力 を注ぎます。
  本通信は、今回の水を縁とする方々との交流の場を目 ざすものであります。古風な紙媒体によって“手ごたえ” のある美しい「水紋」になれば本望です。「水」同様にご支 援をよろしくお願いを申し上げます。
      *
【編集中記】この通信は月刊をこころがけます。「遠友い ぶき・ひと花プロジェクト」という「新水いぶき」のファンクラ ブ的な仲間によって編集されます。「ひと花」とは「人は花 なり」の気持ちで前向きに活動される人びとをお手伝い するメンバーの合言葉です。
  代表は、医学博士の丸山淳士氏(五輪橋産科婦人科小 児科病院医師・札幌市)。事務局は北海道良水㈱の札幌 オフィスに設置しています。
  創刊号は、「00001」の通し番号になりますが、水の歴 史、人間の歴史を思い今度の水も少なくても1000年の期 間で味わい続ける自然環境を維持する思いを込めました。
      *
ご意見、ご感想など送り先=「ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地・
愛生舘ビル6階「北海道良水㈱札幌オフィス」内
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

◆「箱入り水」は、受け取る時にその重量感を味わうこと になります。それは「生命(いのち)」の重みなのかもしれ ません。 水にも詳しい道内在住のある外科医は、試飲後、次の 感想を寄せて下さいました(2月)。
――「新水 いぶき」届きました。ありがとうございます。飲み ました。すぐに全身にスプレーして私が開発した施療を自 分にやってみました。気持ちイイ~です、おもいっきり全身 が還元されて元気になりますね。 まだ分かっていない成分でしょうけれど、微量元素など測 定するとおもしろい結果が出るかもしれませんね! ありが とうございました。――

  医療系の方々の反応は、統合医療などに明るい方々 ほど、好意的な評価をしていただけるところに共通点が あります。
「安全・安心」のための品質検査は、たくさんの項目で チェックをしておりますが、より優れたポジティブ・チェック については、これから時間をかけながら調査、検査をする ことになると思います。先のことになりますが、逐次、ご報 告をさせていただきます。

◆「理解」と「諒解」

  九州在住の知人が、来札時に「新水いぶき」を飲みつ つ、美味しさの理由は何だろうねえ……とつぶやきまし た。そして、自然の恵みに感謝しながら飲むのが、この水 へのマナーなのかもしれないと話していました。
  この知人の発行する機関誌に流行作家でもある某氏 が、エッセーを寄稿されていました。そこでは、哲学者の 内山節氏が使っている「理解」「諒解」の言葉の違いを紹 介し、自らの生命観を語っていました。
  論理的・合理的な理解に対して、何となく分かる諒解と の差は、「新水いぶき」の安全・安心のデータ(=理解)と 「美味しさ」(=諒解)の違いでもあるように思えます。
  藤田紘一郎教授(寄生虫学、感染症学の世界的権 威)は「『雪どけ水』には実際に若返り作用がある」(『文藝 春秋スペシャル』2010年冬号・32頁)と経験則から導き出さ れた発言をされています。藤田先生は秋田美人もその 範囲に入れていました。札幌の水も豪雪に感謝しなが ら、飲みたいと思います。「第63回さっぽろ雪まつり」(201 2年2月6日~12日)期間中の愚考でした。 (編集子・Y)