北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

卯月 00002

北海道 天然水 2012年 卯月 00002

新水IBUKI通信

◆ デビューして1ヶ月がたちました。早速、いただいた 感想をご紹介させてもらいます。
……あれ、美味でしたよ。  毎日飲ませてもらっています。一言で言えば、
甘くて優しい!ですね。ちなみに、これまでの1
番は、美深町仁宇布の湧水でしたが、全く別次元
で美味しいです。……

 この方は、堀田清先生。北海道医療大学薬学部の准教授で、薬用植物園・北方系生態観察園などの責任者です。先生の充実したホームページには植物と人間のかかわりが満載されています。中でも「すずしろの花」というダイコンの葉エキス入りの石鹸を大学で製造中の話は面白いこと保証します。アトピーに効果があるという評判は、大学発の事業としても初年度から黒字の実力派です。       *
◆ 「新水 いぶき」をまずご自分で試飲、漢方に詳しい薬剤師さんらしくお茶の色の出具合でも確認され、お客様にもお勧めできると判断した

熱心で良心的なお人柄が滲み出る説明書を作成されました。その一部をご紹介します。 ……水道水に含まれる溶存酸素は多くて3~4㎎/Lと言われていますが、「新水いぶき」には約3倍の10.4㎎/Lの酸素が溶け込んでいます。酸素は私たちの生体反応に必要不可欠なものです。疲れた時あくびが出るのは、脳内に不足している酸素をたくさん取り入れるためです。酸素を豊富に含んだ「新水いぶき」を常時飲むこと……を勧めてくださっています。
      *
◆ 現在使用中のリーフレットについて簡単なご説明です。「滝」の写真は、札幌在住の写真家・川村勲氏の作品。以前は支笏湖でダイビングガイドのお仕事。デザインは、佐藤守功氏。美術館、文学館などのポスターも手がける方で、今回は紙質も重視しました。
      *
◆ 今度の水を一番長く愛飲しているのが、採水した北海道良水㈱の代表、新藤氏です。半年近く経過しての実感は、体調の良さですが、定期的に検査に行っていた通院を忘れるほどとのこと。それでも確認のために出向くと、すこぶる健全な数値になっていることに改善の手ごたえを得ているそうです。
      *
◆ 【編集後記】地元紙に掲載されたコラムを少し拡大して下欄に掲載します。本通信へのご感想大歓迎! 送り先:
「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局:〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電話:011-205-0755  FAX:011-205-0756