北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

弥生 00013

北海道天然水 2013年 弥生 00013

新水IBUKI通信

◆ 2年目、最初の号用に保存していました。

【投稿1】村田 睦美さん(砂川市在住) 新水いぶきに「感動」。 先日、実家を訪れた際に新水いぶきを持参し、 両親と来客とともに新水いぶきを紅茶でいただき ました。 新水いぶきと水道水で同時に同じ茶葉を用いて 飲んでみたところ、まったく別の紅茶かと思うほ ど違う味がして一同ビックリしました。 こんなにも茶葉の風味が出てまろやかでクセが なく、今まで飲んでいた渋い紅茶はなんだった の? と思うほど味に違いがあり感動しました。
            *
その味に感動して、母はさっそく自分で連絡を して新水いぶきを取り寄せていました。 私に何の連絡もなく、空容器の連絡先を見て注 文をした母の行動に驚きです(笑)。それほど新 水いぶきに感激したようです。 年末に取り寄せ、お正月に美味しいお水で美味 しいお茶を飲むのだと楽しみにしておりました。 コーヒーは味が濃いので違いが分かりにくいよ うに思えますが、コーヒーもひとつひとつの風味 が際立ち、まろやかになり、味がいっそう引き立 ち、風味豊かでとても美味しくなります。 お料理にも使用していますが、素材や調味料の 味が生きて、なおかつ全体の味がまとまる感じが します。
            *
10年前に自宅を新築しましたが、新築にもか かわらず水道水がカビ臭く、とてもそのままでは 口にできない状態で浄水器を利用していました が、新水いぶきの利用を機に浄水器を取り外しま した。 今は飲用として新水いぶきを利用させていただ いていますが、できればお風呂にも利用できると いいな~と思っています。 お水は無味だと思っていましたが、こんなに味 を変えるほど影響があるものかと感じています。
            *
美味しいのはもちろんですが、体にも良く安心 して飲めるお水があるのは本当に嬉しいです。 北海道でこのようなお水が出て、利用できるこ

とをありがたく思います。
【編集部より】村田さん、ありがとうございました。 「違いが分かる男」という大昔のコマー シャルがありましたが、村田さんのご両 親なら記憶にあるかどうか? 「新水いぶき」は、その後も愛飲される 方々に恵まれて、次々とクチコミで広が っています。そして、その愛飲される方 々からのリクエストにより、徹底した品 質向上をめざして製造ラインを進化させ ています。

【投稿2】当別町在住・Kさん

私の住む町に有名なお菓子会社の工場があります。そ この直営店で手にした郷土史のような冊子と、北海道の 自然のもたらす「水」が私の中で結びつきました。そし て、その冊子に紹介されていた短い文がありました。

朝露の一滴にも
天と地が
映っている

と朝露の一滴に森羅万象を見た作家の開高健(193 0~1989)さんの言葉でした。
            *
「新水いぶき」を通じて、これを生み出している札 幌、札幌周辺の山々と、その地層を想像するときに、自 然林のもたらす「純粋無垢」な「恵みの一滴」が「天と 地」を語っているように思いました。
            *
手にした冊子の制作にかかわった方に話を聞く機会を 得て、開高さんの紀行文学の傑作でもある『オーパ!』 シリーズとその撮影を担当した北海道出身の写真家・高 橋曻(のぼる)さん(1949~2006)のつながり を知りました。「新水いぶき」の価値をいち早く認め て、割烹料理のお店で使い始めたのが東京赤坂2丁目の 「貝作」さんですが、女将さんが曻(のぼる)さんの奥 様であった……というオハナシでした。
【お礼】村田さん、Kさん、ご投稿ありがとうございま した。 昨年の「弥生」から始まって、今年の「弥生」 へと号数を重ねてきましたが、こうした投稿が 一番の発行エネルギーになっています。 これからもどうかよろしくお願いを申し上げま す。

◆ 【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756