北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

卯月 00014

北海道天然水 2013年 卯月 00014

新水IBUKI通信

「新水いぶき」ファンの紹介。

今回は「冷静な気功化」山部さん。

札幌に実家のある山部さんは、帰札の折に「新 水いぶき」を飲むのが愉しみの一つです。 故郷に美味なるものがある、というのはお国自 慢の定番でしょうか。反対にそれがないと、 ちょっと寂しいというか肩身が狭いという か……。私たちには人によって濃淡はあっても、 なんでもいいからチョッピリと自慢したがる傾向 があるようです。             *
山部さんは「気功歴」30年にして、自らの業 界を冷静に語っています。 ――気功の家には三軒の隣家がある。一軒は武 術の館。二軒目は医術の館。もう一軒は魔術の館 なんです。隣家でサンマを焼いていると、煙が 入ってきますし(中略)時によってはちょっと借 りて融通してもらうことだってあるのです。気功 をやる人だって、武術の隣家と仲がよくてすっか り作風が似通ったりする人もいれば、医術の隣家 と仲良しの人もいます。怪しいのが死ぬほど好き な気功の人だっているわけで、だから気功は面白 いとも、言えます。 (中略)何百万人かに一人の割合で、生まれなが らにゴッドハンドを持っている人が出ます。イエ スとか。そういうのが伝説を作るわけですが、い つの時代にもそれを凡人庶民レベルで何とかでき ないものかと考える人がいる。 でも、そうは問屋が卸さない。卸さないのです から、商売は諦めればいいのに、いや、確かこう するだけでいいんじゃないか…などといって(後 略)――
            *
山部さんの気功は、先ほどの隣家で言えば、二 軒目(医術)との交流が一番盛んに見えます。多 くのお医者さんたちとの交流がありますが、その ほかともご近所付き合い程度はあるものと思いま す。山部さんの実技講習は、「私の気功は理屈っ ぽいです」と最初に宣言してから始めていました が、その理屈も数十年も使いこなしてくる過程で 洗練されて軽やかさの域に入りだしています。高 齢者の仲間入りを果たしたからでしょうか。 その前に弛まぬ努力があるのは無論です。

続いて、ある方のコメント

そこで「新水いぶき」です。山部さんから長く教えを 受けている某さんが言いました。 この味(「新水いぶき」)を知った人たちは、これ 以上の水を見つけるのに苦労をするでしょうし、もう 探す必要性がない、と考える人もいるでしょうねえ。 「水」の世界は、いまだに百花繚乱の様相を呈してい ます。大きなスーパーけば、たちどころに大手企業の 製品、全国各地の特産物として御当地名水、湧水が棚 に溢れています。
            *
そんな時代の流れの中にあって「新水いぶき」は、それらと一線 を画しています。それは何に因るのか、長く気になっていました。
しかし、生産開始から1年半近くの時間が経過して 見えてきたことがあります。それは、生産規模という ようなモノサシではなく、製造プロセスを通じて、消 費者に「良いものを届けたいという一念」が基本姿勢 を裏打ちしているからのように思えてきました。
            *
「新水いぶき」に高知在住のデザイナー・梅原真氏の 仕事に通じるものがあるように感じているのですが、 梅原氏と言えば、大都市や大企業の仕事を受けないで 一貫して経済指標では下位のところに豊かさ、個性を 見つけ、一次産業をデザインの力で新しい価値を作り 出す仕事をされている方です。札幌・清田の天然水の 登場は、63歳の梅原氏の仕事に似ているのではない でしょうか。
            *
聞けば、あるクリニック院長から紹介されたの で……ということで「新水いぶき」を求める方に、即 刻対応する同社の機動性にも、「困っている人に役立 ちたい」という「情動」があります。そして、「情」 だけでなく、より良いものを多くの人に届けるために 品質のデータを整える点においては、「理」に統御さ れています。このバランス感覚があるからこそ、着々 と愛飲者を増やしているのだと思えてなりません…… ということでした。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730