北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

皐月 00015

北海道天然水 2013年 皐月 00015

新水IBUKI通信

「新水いぶき」ファン仲間の紹介。

「北海道保険医新聞」(2013年2月20日号)

札幌市厚別区にある「北央病院」(125病床)の 坂牧純夫さんが、「北海道保険医新聞」の「読者のひ ろば」という欄に「新水いぶき」のことを書いてくだ さいました。
「雑感―食」というタイトルです。その中で「最 近、北海道のお米が美味しい。最高と思うのは北広島 市高島ファームの田園交響楽。ゆめぴりかだが農協に 入っていないのでそのブランド名が使えない。このお 米を新水いぶき」で炊くという話題の展開でした。 「ゆめぴりか」という名称が使えないという業界? の何か約束事があるようです。
それはそれとして料理と「新水いぶき」の相性の良 さは、知る人ぞ知るところです。その知る人たちが、 クチコミで仲間を増やして1年半近くになろうとして います。これからも「良いもの」を伝えていく愉しみ を多くの人たちと共有したいものです。 <編集室>

「体から出て来る音楽」(佐渡裕氏)をヒントに

<札幌市・H氏(72歳)よりいただきました>
『マグナカルタ』という季刊誌を教えられました。 3月末に第2号が出ました。
その中に「叩き上げの指 揮者 佐渡裕」というタイトルで元『週刊朝日』編集 長の川村二郎さん(1941年~)が寄稿された読み 物があります。川村さんは同誌で佐渡裕さんという指 揮者を東京芸大学長が話された人物評で締めくくって います。
            *
「日本ではクラシック音楽というと、神棚に上げ てありがたがるところがあるでしょ。佐渡さん は、そんなところが全くない。自分のことを『叩 き上げ』なんていう指揮者は、ほかにいないので はないでしょうか。とにかくあの人は、音楽も言 葉も、頭からではなくて、体から出て来る。だか ら聞く人の心をつかむのだと思います」(同誌1 49頁)             *
わざわざ、これをご紹介させてもらったのは、「新 水いぶき」もまた【頭から】ではなく【地球】という さらには「札幌」という地名のある【体】から出てき ていることに共通点を感じたからです。
私たちの目の前に溢れる飲料水には、【頭から】考 えだされた成分調整・味付け・殺菌・濾過などの加工 技術を駆使した多種多様な商品となっていることは、

多くの方々が承知されていると思います。
そんな時に札幌を取り囲む自然環境がもたらした天然の地 下水をシンプルに汲みだしたままを充填した「新水いぶき」 は、佐渡さんの音楽と同じようなインパクトを持っていると 感じたからです。
            *
私のまわりでの話ですが、仮にお世辞の部分を割り引いて も、「新水いぶき」の味を知ってしまった近所の方々は、一 様に「あの美味しい水」と日常の挨拶の中に感想の言葉が混 じります。つまり、「飲む人の心をつかんでいる」から能書 きは必要なくなっています。コマーシャルなどで「水」を 「頭」で理解して飲んでいる限りは、このような感想にはな らないでしょう。きっと。
固有名称である「新水いぶき」は、これから普通名詞に なって行くと思いますが、「原産地・札幌」でも「取水地・ 札幌」でも良いのですが、札幌市民として“良いものがあ る”街のイメージが「新水いぶき」によっても高まることを 願っています。

奥井海生堂~~名寄市・新水いぶきファン

オハズカシイ・ハナシですが、福井県敦賀市にある「昆布 屋」さんの名称であることを最近知りました。
和食に関心がある方だと自分ではおもっていましたが、奥 井海生堂さんも知らない程度ですから、その水準は推して知 るべしです。
ここは創業明治4年(1871年)永平寺ほかの御用達昆 布処という古さですが、原材料は北海道産。「和食」と 「水」を探って見えてきた「昆布」のお話を少し紹介させて もらいます。この通信の2号目でも和食の名店と「新水いぶ き」の結び目を紹介させていただいてもおりますので、おそ まきながら。
            *
「北前船」で北海道から運ばれた昆布が、京都、大阪、薩 摩、琉球、中国にまで広がった歴史的な事実は、良港だった 敦賀が昆布中継地として最大だったこととも結びつきます。 さらには、幕末の薩摩藩の資金には、琉球を中継にした昆布 貿易の儲けもあったと言われるほどだからこそ、「昆布ロー ド」の言葉も残っているのでしょう。
            *
敦賀には、現代でも「おぼろ昆布職人」の半分以上がいる そうです。利尻昆布が京料理で愛用され、かぶらの千枚漬に も不可欠と、北海道産食材の活躍の歴史は長いのです。ここ に「新水いぶき」も新人として書き加えられる日が近い…… と思っています。


◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730