北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

葉月 00018

北海道天然水 2013年 葉月 00018

新水IBUKI通信

【みずばち】

7月2日付けの「天声人語」の冒頭にこの言葉 「みずばち」があり、夏到来の季節だからと、粗忽 にも「水鉢」をイメージしました。ところが、次の 文章を読むと「水罰」ということが分かり、そそ かっしい自分を恥じた次第です。
すでに読んだ方には、退屈な紹介になりますが、 昔、水を雑に扱うことを戒める大人が「おまえに水 がこしらえられるか」と続く節水の夏への心構えを 説くものでした。そこは「天声人語」ですので、節 水⇒節電⇒と論は進みますが、この「新水通信」で は「新水いぶき」に即したお話に“舵を切りたい” と思います。

「水はこしらえることができない」もので「天地 自然のおかげさま」という気持ちは、「新水いぶ き」を飲む度に思う人が少なからずいらっしゃるも のと思います。
たまたま、この水を発見(と言うのが良いのかど うか)した「北海道良水㈱」の新藤社長から直接、 採水プロセス、商品化の苦労話などをお聞きしたこ ともあり、なおのこと、天地自然が与えてくれた 「水」への思いが強くなっていることは確かで思い 入れが強いことを事前にお断りいたします。

「水」ですので科学的に、化学的に「エッチ・ツ ウ・オー」で水はデキテイル、と納得している人は 多いと思います。私もそうでした。それで間違いは ないのでしょうけれど、生きている人間が体内に取 り入れるのは、それだけでいいの? という素朴な 小さな疑問は微かに残っていました。
その僅かな隙間を衝くように、世の中では、体に 良さそうといわれているミネラル成分の豊富さを売 り文句にたくさんの「水」がブランド化され、お店 にあふれるようにして売られています。飲料用と工 業製品の製造過程で使用される純度の高い水とは区 別されて当然だと思いますが、「水」にも各種多様 な分類があります。

ここからです。「新水いぶき」を飲み続けている 方から、以下のような事が伝えられてきました。 ……これを強調すると「変わり者扱い」ならまだし も「変人扱い」になりかねません。でも、「新水い ぶき」愛飲の皆様とは通じ合えるでしょうからお知 らせします……と。


以下の最近読んだ本『霊の発見』学研M文庫(五木寛 之+鎌田東二という今も売れっ子の作家と京大教授の対談 本)です。タイトルがキワモノみたいですが、内容「新 水通信」編集室に伝えても良いだろうと思いました…… とありました。ご紹介いたします。
**************
【五木】(略)霊的な気づきというか、注意してそれに 意識を集中していると、そのことに、ちゃんと向こう から信号を送ってくる。
【鎌田】だいたいにおいて、直感は、まちがわないこと のほうが、多いような気がします。
【五木】多いですね。私もほんとうに、そう思います。
【鎌田】パッと、ほんとにつかんだものというのは、非 常にクリアなものが多いんです。あとでいろいろな意 味づけをして、迷いが出てきたりして、その迷いに従 うと、まちがっていたことが多いんです。
【五木】まちがったことになる。直感を邪魔するもの は、インフォメーションでしょう。情報。
【鎌田】そうですね。
【五木】はじめ、さてこの人物は、と首をひねったの に、その人についての立派な経歴などを聞いて、ああ、 たいした人物だから、一緒に仕事してもいいかなと思っ たときは、だいたい後悔することが多いんですね (笑)。
【鎌田】非常によくわかります。
【五木】では、どうすれば、自分の直感を曇らせずに育 てられるかが問題です。
【鎌田】ぼくは、そのために、朝日に手をあわすとか、 きれいな水を飲むとか、森に行くとか、いい空気を吸う とか、根本は、そういう日常生活の中の、小さなこと が魂を浄化すると考えています。(強調下線は当方の作 業)
***************
ついでながら、この方、次のようなことも教えて下さ いました。有名な写真家・土門拳さん(1909~199 0)のセリフだそうです。
「やる気は目に出る、知性は声に出る、生活態度は顔 に出る」。こちらに「欲得」が無ければ、人を判断する のは割りと簡単なような気がします……ということでし た。「欲得」と「直感」は、相性がかなり悪いのかもし れませんね。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730