北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

神無月 00020

北海道天然水 2013年 神無月 00020

新水IBUKI通信

2度目の東京オリンピック

 7年後の「東京オリンピック」を楽しみにされる 方々はたくさんいらっしゃることと思います。前回の ことを記憶されている方々を仮に当時10歳(196 4年)とすれば、今度(2020年)は66歳で体験 できることになります。前回の運営に関わった方々 (例えば大学生で聖火ランナーを務めとか……)は、 今度のことで助言をするとしたら、70代でのお仕事 になります。経済の高度成長時代と成熟時代の両方を 体験されるのは、世界でもレアな存在でしょうから、 是非、2回を愉しんでいただきたいと思います。
今回の「国際オリンピック委員会」総会で最終プレ ゼンテーションで一躍、評価を高めたのは女性二人で しょうか。首相もまた、「とにかくフレンドリーでし た。言いたいことを相手の心に届けよう、わかっても らおう、という気持ちにあふれていました」(池田香 代子氏)といわれるくらいに良い表情でした。 世界のアスリートが事前の練習合宿地に北海道も選 ぶことがあるようですから、そうした選手たちにも 「北海道良水・新水いぶき」が「喉」に届くかもしれ ません。あるいは、喉から手が出るほど、求められる かもしれません。これも楽しみなことです。

慶大と「水」~「新水いぶき」通信編集室・文責

 今夏の日本列島は、猛暑、豪雨と自然の猛威に痛め つけられました。被害に遭われた地域、そこにお住ま いの方々にお見舞を申し上げます。北海道では自然と の共生の難しさは、冬にもたっぷりと知らされるので すが、個人的には、時に人間の人智を超える自然を前 にして人間同士が争っている余裕などがないようにも 感じています。
さて、そのような自然ですが、私たち人間に対して は「害」よりもはるかに大きな「益」をもたらしてく れているのは皆さんご承知の通りです。8月の末、そ んな二つのニュースに気が惹かれました。
               *
一つは、8月26日(月)の朝日新聞夕刊の記事で す。……「慶大 水の王者? 富士山地下水を販売」 が見出し。慶大は山梨県富士吉田市と町おこしの連携 協定を2007年に締結していたそうで、同市内に採 水場をもつミネラルウォーター会社(本社・東京)の 協力で「慶応の水」を商品化したそうです。キャップ には、慶大のロゴ「ペンマーク」がついているそう で、慶大ブランドということでしょう。
 もう一つは、8月28日(水)のNHKテレビの朝 のニュースでした。


 徳島県で生産される「かいふ藻塩」というお塩の紹介でし た。すでに全国的に有名な逸品で私が知らなかっただけのこ とですが、地元の徳島新聞Web記事(2012年10月2 6日配信)は「独自開発の平釜を用い、新鮮な海水をあくを 取りつつじっくり煮詰め、結晶化する直前にホンダワラやア ラメといった海藻を投入。うま味がなじんだら、海藻を取り 除いてさらに時間をかけて炊き上げる。素朴な風味や、食材 によくなじむ柔らかさは手作業でつくる塩ならではとい う。」と伝えています。                *
 二つとも「自然」の恵みを十分に引き出す努力をされた結 果、誕生したてのブランド“水”であり、すでに実績が評価 されている“塩”ということになります。これらの話題を知 るにつれて、どうしても「新水いぶき」も仲間に入れたくな るのは、「田舎者のお国自慢」ということで苦笑される方も 多いでしょうけれど、「新水いぶき」の北海道の地図入りロ ゴマークも「慶大」に劣らないと思いますし、品質では、控 え目に言っても負けていないと確信しています。
 “塩”は有名シェフ御用達ということで愛用者は全国に広 がっているそうです。この点でも、「新水いぶき」は似た状 況です。東京の懐石料理のお店、札幌のお寿司屋さん、他に も「食」「健康」に関心の高い医療関係の方々にも愛飲され ています。さらに言えば、世界からの引き合い、購入の始 まっていることもご報告いたします。

協賛

 8月24日(土)に「新渡戸稲造記念 さっぽろがん哲学 外来」という集まりの1回目が札幌市中心部にある「愛生舘 サロン」で開催されました。ここは、「北海道良水㈱」のサ テライトオフィスが入居しているビルと同じフロアに今春、 開設された雰囲気の良い空間です。
 少し前の号で「がん哲学外来」を提唱されている順天堂大 学の樋野興夫教授の来札時に実施した「メディカル・カ フェ」という市民活動的なイベントの後に、このサロンで 「新水いぶき」をいただいたことをご報告しました。
 今回もこの活動に「北海道良水㈱」さんは活動を支援してく れています。24日に集まった方々は、講師として丸山先生 (「新水いぶき」をいち早く、赤ちゃんに飲ませたいと評価 してくださった医師)、「これは水の大吟醸です」と認めて くださった方も参加されましたことをご報告いたします。 「水」の縁が、水紋のようにして広がっている今秋の報告 をさせてもらいました。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730