北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

如月 00024

北海道天然水 2014年 如月 00024

新水IBUKI通信

北海道新聞・夕刊掲載記事(2014年2月1日・土

札幌産ナチュラルミネラルウオーター
 無殺菌天然水/国内初の製造
 国と保健所 審査に1年

札幌市清田区の清涼飲料水製造「北海 道良水」(新藤大次郎社長)が、無殺菌・無除菌の ナチュラルミネラルウオーターの製造を開始、1月 末に販売を始めた。札幌市保健所によると、無殺 菌・無除菌による製造は国内初。欧州連合(EU) などは無殺菌のもののみをナチュラルミネラルウ オーターと定義しており、国際基準に適合した国内 で初の飲料水となる。

売り出したのは「北海道天然水・新水いぶ き」。1㍑入りパックで週千~2千個を製造し、会 員約300人に定期配送を始めた。
もともと清田区でバッティングセンターを営んで いた新藤社長は、付近で大手飲料メーカーが長年、 清涼飲料用の取水を続けていることに着目。200 0年に北海道良水を設立し、会社敷地内に深さ14 0㍍の井戸を掘って取水を始めた。
11年、清田の水質の良さから「無殺菌水の製造 も可能」と考え、大腸菌や農薬などの水質検査を続 けてきた。
昨年1月、水質維持にめどが立ち、同市保健所に無 殺菌方式での製造の事前審査を申請。国内初の試み でもあり、保健所と厚生労働省は1年にわたって協 議を重ね、今年1月、ようやく製造を認めた。
欧州ではナチュラルミネラルウオーターの製造基 準を「殺菌処理など一切の加工をせずに自然のまま であること」と規定。国際食品規格を定める国際機 関コーデックス委員会(ローマ)も同様の定義を採 用している。
日本では、ろ過や加熱した水もナチュラルミネラ ルウオーターとして認めているが、欧州などに輸出 する際は表示変更している。
国内にミネラルウオーターがなかった要因につい て、札幌市保健所は「水質検査を1日1回以上行う 必要があり、製造コストが高くなるためだろう」と みる。
新藤社長は「自然に近い水が欲しい方からの引 き合いが強い。今後も質の高い水を必要な方に届け られるよう水質維持に努めたい」と話している。

価格は12パック入り箱で3150円(送料別)。問い 合わせは同社℡011・883・1111(月曜~金曜 午前10時~午後3時)へ。

『東京新聞』でも報道

地方紙で北海道新聞と提携関係にある『東京新聞』 が、1日の記事・写真を取り入れて6日朝刊、こちら特 捜部のコーナーで、国内初、無殺菌・無除菌で製造、 「世界が認める天然水」と見出しつきで「新水いぶき」 を報じていました。その朝刊をTBS「早ズバ」の番組で取 り上げてくれました。報道の連鎖が起きている現状です が、問い合わせには丁寧に答えるようにしている新藤社 長は、ますます、忙しくなっています。「良い水を求め ている方々にお届けする」という起業信念に磨きがか かってきているように思います。
このような動きの前からいち早く、「新水いぶき」を 取り扱ってきている「千野米穀店」(札幌市)さんは、 お客様への試食用の「ご飯」を炊くのに「新水いぶき」 を使用していますが、マスコミ報道のおかげで、説明が しやすくなりました……とのこと。
これは相乗効果ということになるのでしょうけれど、 最初から「新水いぶき」を評価してきてくださった方々 は、こうした追い風に浮かれることなく淡々と事業を進 めてもらえるでしょうねえ、と落ちついた感想を伝えて くれています。

聞き書き版;【水】と【墨】
(札幌出身の東京在住Y・Tさんから) 「新水いぶき」で磨った墨は、やっぱり良い……とおっ しゃる書家の方がいるとのことです。
それを聞いて書家の川口霽亭(せいてい)さんだったら どのようにおっしゃるかと思いました。歌志内市出身で 良寛の研究者としても有名な方です。札幌で開催された 個展会場(茶廊法邑)でお会いした折には、芥川賞作家の 高橋揆一郎さん(1928~2007)と小学校で同級生 だった、と聞いた覚えがあります。<次号につづく>

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730