北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

皐月 00027

北海道天然水 2014年 皐月 00027

新水IBUKI通信

だしのとり方

昔から今に至るまでたくさんの料理本が出版され ています。そして、これからも出ることでしょう。 出版界には「自伝」と「子育て本」は売れない、と いう言い伝えがあるそうですが、料理本はこの中に は入っていません。
 さて、『吉兆味ばなし』(*吉は土に口の方)と いう昭和57年に「暮らしの手帖社」から出版され た本を数十年ぶりに取り出してみました。熱心に読 んだ時代もあって、ところどころに傍線が引かれて いました。
 湯木貞一さん(1901~1997・創業者)の 話を花森安治さん(1911~1975・創刊者) が聞き出したものです。すると271頁下段に「だ しのとり方」がありました。早速、その部分を。

……まず、昆布とかつおは、出来るだけ上等のもの を用意して下さい。まず昆布ダシです。これは二 リットルの水に三十センチぐらいの昆布を、二本は 入れてもらわなければいけません。少し多いようで すが、昆布だけで、ちょっとおいしいなと思える程 度に入れてほしいのです。そこへかつおを入れてこ そおいしいのですが、おまじない程度の昆布では、 おいしいダシはとれませんね。昆布は水から入れて もらって、水があたたかくなってきたら、ぬいてし まいます。ぐらぐらといわせたらいけません よ。……

 “おまじない程度”とは、言いえて妙。しかし 「水」についての言及がありません。関西方面の有 名料理店は自前の井戸の水を使っているそうです が、一般家庭向けの料理本ですので、湯木さんもそ こには触れずに、水道水を前提に語っていたのかも しれません。もっと別の理由があるのか、そこは分 かりません。もし、湯木さんが今もご健在なら「新 水いぶき」を指名されていたのでは? と想像した くなります。

横市フロマージュ舎(北海道芦別市)代表のお話

 30年以上も昔、北海道で「ナチュラルチーズ」 をだれも製造していない黎明期に挑戦して、今も製 造・販売を続けている横市英夫さんからある会でお 話をお聞きしました。
 最初から今日まで、全国のお客様へ直接、製品を お届けする仕組みは、約6万人の方々に支えられて

今日まで来ているそうです。ご自身が「価格は決して安 くありません、といえば控えめな言い方になります」と 苦笑まじりに話されます。
宣伝は一切しないことだけは宣伝しています……とこ れも笑いながら教えてくれました。フレンドリーな方だ けに、この30年をこえる実績から事業の要の部分を公 開してくれました。成功する事業にはいくつかのパター ンがあるでしょうけれど、その中の一つとして横市流を 語録のようにご紹介。

1⇒ 顧客を家族と思う。「家族に良いもの、美味しい ものを提供したい」という気持ちが出発点にあったの で、それで家族とお客様は同じという気持ちでずーっと 接してきました。

2⇒ 絶対価値商品であること。これは、他の類似商品 と価格で競争したり、新奇性を誇るデザインだったり、 商品の本質部分でないところで競う必要のない商品であ ること。

3⇒ 直接、お客様と結びつく。流通の中間にある問屋 さん、販売店さんとの取り引きは、お客様の反応を キャッチしづらいこともあって直接販売を心がけてきた のです。

【聞き書き&投稿】
 歯磨きに「新水いぶき」~S.K(札幌)

出先で飲み物が欲しくなった時のために「空きペット ボトル」(500ミリリットル)に「新水いぶき」を入 れて持ち歩くようになった知人が発見したこと。
          *
人と街中の喫茶店などでお会いすることが重なると、 自宅から持ってきた「新水いぶき」を残すことがあっ て、それを歯磨き後の「ゆすぎ」用に使ってみて驚いた のさ。歯磨き粉には、爽快感を出すためなのか、香料や 少し刺激のある味を感じることがあると思うんだよね。 それが、ペットボトルに残っていた水で口を濯いでみ て、水道水と違うことに気づいた、という単純なお話 さ。
この発見におまけもあった。いくら自分専用でも容器 は時々、洗うこと。


◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730