北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

文月 00029

北海道天然水 2014年 文月 00029

新水IBUKI通信

月刊誌『Begin』8月号(世界文化社・発行)に紹介された「新水いぶき」

 6月16日に発行された月刊誌の『Begin』の「ミネラルウォーター」記事に「新水いぶき」が登場です。……教科書に載せるべきミネラルウォーターの歴史的傑作銘柄12選……というタイトルで世界の有名銘柄10点と日本の2点。そして、特別枠に「硬水」と「軟水」の代表が1点ずつ。
 ご存知「新水いぶき」が「軟水」代表として写真入りで紹介されています。……最高の水割りを飲みたいなら国内初の無除菌ミネラルウォーターがおすすめ! 国産は普通、除菌が施されているが、一定の基準をクリアすればヨーロッパの製品と同様、無除菌で製品化が可能。左は現状、国産唯一の無除菌ミネラルウォーターで、採水地は北海道・札幌。袋ごと凍らせて、使用時に割ってオンザロックも粋だ。……の解説付きです。

1953年生まれの開業医さんの「新著」
 神奈川県(藤沢市)で「ホスメック・クリニック」を開院されている三好基晴先生の新著『自然食の裏側』(㈱かんき出版)が、6月2日に発行されました。『買ってはいけない』(1997年)の共著者の1人として、読者の強い要望もあり、“買ってもいいもの”を、時間をかけて調査・研究をした結果、現段階で知っている限りの事実を書いたとのことです。
 そこには、17のオススメ製品が紹介されています。北海道からは、4件。その一つに「新水いぶき」です。従来は、国内で市販されているミネラルウオーターは、「何らかの方法で殺菌・除菌処理を行っています」が、「新水いぶき」はそうしたことをしないでも国内製造基準を満たしているとして、審査結果を踏まえ今年1月17日、製造販売の許可を得たことが同書の191頁~192頁にかけて書かれています。
 なお、同書の著者である三好先生が協力する自然食レストラン「みかくや」(http://mikakuya.com/)では、こうした厳選された食材で食事を提供する拠点として今年、4月に藤沢市でオープンしています。

「まち歩きのススメ■飲み物編」 (朝日新聞夕刊・2014年6月20日付・3面)

知る人ぞ知る銭湯研究家で、地元北海道新聞社からそ の本も出されている塚田敏信先生(もともと&今も教育 者)の長期連載エッセー(朝日新聞・道内版)は、北海 道内の森羅万象・物・人・地域を結びつけて、地域も読 む人も元気づける好評読み物です。
その最新版で、「新水いぶき」が新しい地域の宝であ ること、それを取り出した新藤社長の人柄を伝えていま す。ここでは、そのほんの一部をご紹介。今回のタイト ルは、「ナチュラル ミネラルウオーター」。
紹介文は、「……そんな中、国際基準に適合する国内 初の無殺菌・無除菌のNMWが札幌で生まれました。 (中略)私たちが飲んでいるのは殺菌・除菌された引き 算の水。あるがままの水の力は未知数だ。」と紹介し、 ①製造中の機器とそれを見守る新藤社長、②パックデザ イン、③製造工場が入っている「札幌清田バッティング スタジアム」の3点の写真付きは、商品紹介にとどまら ない奥深さと現代性を備えた掌編紀行文でした。連載が 長く続く理由でもあるように思いました。

1932年生まれの作家さんの「水」論

1966年に『さらばモスクワ愚連隊』で新人賞、翌 年は『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞……と今も80歳を 過ぎても活躍中の五木寛之氏。その五木氏が『日本人の こころ4』(講談社・2 0 0 2 年)で「水」と「いの ち」「こころ」を作家の感性でごく自然に結びつけてい ます。

……最近、つくづく「水」というものが大事だと思え てならない。こんなふうに人間のいのちが軽くなってし まったのは、私たちのこころが乾ききってしまったから だ。そのひび割れかかったこころに、湿り気や水を与え てやらなければならない。こころに瑞々(みずみず)し さを回復しなければならない。そうすることによって、 いのちの重さというものも取り戻すことができるのでは なかろうか。そんなことをずっと考えている。……

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730