北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

葉月 00030

北海道天然水 2014年 葉月 00030

新水IBUKI通信

「Fuji Sankei Business」2度目の記事

7月12日(土)付けで「無殺菌、無除菌の地 下水商品化」の見出しで「新水いぶき」が、同紙 に2度目の掲載となりました。同じ紙面では 「サッポロビール」「ホリ」(砂川の菓子メー カー)などが記事になっていましたが、「新水い ぶき」については、新藤社長の「地域の宝の水と して、健康増進に役立てる事業を展開したい」の 言葉が、創業時と変わらない方針として紹介され ていました。

1939年生まれの医学博士さんの「水」論

ご存知、医学博士の藤田紘一郎先生の新刊。書 名は“ずばり”『体をつくる水、壊す水~10年 後に差がつく「水飲み“腸”健康法』30の秘 訣』(ワニブックス【PLUS】新書;2014 年6月刊)。藤田先生、この通信創刊号(201 2年・弥生)でも登場していただいています。新 書のカバーには50代の頃(血糖値が高い時代) と74歳の現在(常用薬なし)の写真が並び、7 0代の今の方が若々しいのに驚きます。先生の [決定版 正しい水の飲み方・選び方--100 歳まで元気に美しく生きる鍵](海竜社刊;20 12年)も便利な本です。

上には上が……「水」への関心

その藤田先生に劣らないほど「水」に着目され る方々の集まりが、北海道旭川市内のホテルで開 催されました。「じねんのくらしを訪ねる会in光 輝く6月の北海道」(主催/NPO法人 新月の 木国際協会;共催/地湧社、北海道小島志塾)と いう素敵なネーミングです。
 6月14日(土)に行われた「講演会&パネル ディスカッション」では、主催された増田正雄さ んが「新水いぶき」は、時代変化の象徴ではない でしょうか……と力を込めて紹介されていまし た。そして「新水いぶき」を試飲してもらい、そ の[日本初]の味を知った人たちは納得の表情でし た。
パネラーの方々は、実績豊富で「自然」と書い て「じねん」と読むにいたる科学的、歴史的な視 点にも了解済みという雰囲気。

 全国から集った人々は、その後、2泊3日で「ものづ くりの現場探訪」(旭川・斎藤牧場+新得・共働学舎)の 行程へ。筋金入りの自然を大切にされる一行でした。

「清田ふれあい区民まつり」に「新水いぶき」参加

 「新水いぶき」の採水場所であり、北海道良水㈱の本 社がある札幌市清田区。7月19日(土)に「清田区民 まつり実行委員会」が主催する第17回目の“夏祭り” が、区役所前で開催されました。ステージではパフォー マンスが繰り広げられ、イベントコーナーでも愉しい催 しがたくさんでした。
 その中に「新水いぶき」も「幟」と共にお披露目。地 元の水が“日本初”のナチュラルミネラルウォーターで あることに注目が集まりました。自分の住む地域に日本 で一番の水が地下にある! なんて、誰でも自慢したく なる話題です。そんな情報を入手した人たちの表情は、 笑顔でいっぱいでした。

おかげさまで本通信も「30号」の節目を迎えました。

各号の紙面それぞれに「新水いぶき」の歩みが刻まれ てきていますが、紙面に紹介しきれない愛飲者の肉声も 多く届いています。最近、ある方から……
          *
アウトドア用品や自然志向のライススタイルを提供、 提案する『スノーピーク』というブランド名をもつ「㈱ スノーピーク」(新潟県)さんの事業の徹底振りを教え られました。同社は、テント一つをとっても、量販店で 1万円以下、2万円以下という時代に16万8千円のも のを提供。高品質に徹しているわけですが、それが消費 者にも歓迎されているところに、日本のモノヅクリの真 骨頂があるように思えませんか?
          *
その方は、「新水いぶき」と似ているように思えたの でお知らせいたします……との親切心からの情報提供を いただきました。
きっと、励ましの気持ちと、日本全国のそれぞれの地 域に根強く、そして元気に活動している企業のあること を教えてくれたものと思います。
人材を含めて、地元の資源をもっと、もっと活かせる 事業の一つに「新水いぶき」もあると確信しています。
◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730