北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

師走 00034

北海道天然水 2014年 師走 00034

新水IBUKI通信

この1年“も”ありがとうございました……の季節

 1年の終わりの12月号です。皆様のおかげで通 信も34号に達しました。
 この1年もお電話での感想、寄稿依頼に対して快 く応じて下さった「新水いぶき」ファンの方々、打 てば響くように「水」とその周辺の話題を提供して いただいた方々に心よりお礼申し上げます。
 来年は今年以上に世間の注目を浴びる「水」にな ることでしょう。それはそれとして、今まで通りに 飲む人たちに良き水を提供し続ける様子を本通信で お伝えしていきたいと思っております。
 どうぞ、良い年をお迎え下さい。

「水」をめぐる冒険~広がる縁

ⅰ)太陽系
 地球にある「水」っていつから? という疑問に 答えるためにイギリスの研究チームが科学誌「サイ エンス」に発表した論文について、「宇宙がっこ う」というコラムが朝日新聞の夕刊(2014年1 0月4日付・4面)で紹介されていました。筆者は JAXA名誉教授の的川泰宣という方です。
 20世紀に太陽系の探査が進んだおかげで、水は 地球だけに存在するものではないことが分かってき たそうです。地球上の生命が、水があってこそ誕生 し、進化してきたことは周知の事実という前提に立 てば、地球外の生命の存在も否定できない? とな れば、宇宙好きには、タマラナイ魅力を放つ論文。 惑星を見ながら想像力を膨らませる喜びは推察でき ます。さて、話題を宇宙から地上に降ろします。
ⅱ)ワインと水
 その地球上の「水」を成長の原動力の一つにして 育つ植物。今回は葡萄にまつわるご報告です。  先日(10月下旬)、札幌で2001年に開園し た「ばんけい峠のワイナリー」(札幌市中央区磐渓 201-4)の“樽人”の田村修二先生(どうして もそのように呼びたくなる方です)を北海道良水㈱ の新藤社長と訪問させてもらいました。
 その理由は、前号でもご紹介させてもらいました 医師の三好基晴先生が自然栽培の葡萄で無添加のワ インを造ってもらえるワイナリーを全国的に探して いたところ、このワイナリーにたどり着いたことか ら話は始まります。
 自己紹介をかねて「新水いぶき」を持参し、その 製造工程や役所との協議期間など、新藤社長の説明

を聞きながら田村先生、「そりゃあご苦労されました ね。でも、本当に良くがんばりましたねえ」と公的機関 から製造に関する認証を得ることの難しさを熟知されて いる方から共感の言葉がありました。
 ワイナリーの場合は、醸造許可を得るまでの困難な道 のりは、酒税に関わるだけに大変にハードルが高いこと は常識です。許可を得なければ、密造酒扱いで製造を続 けることもできないのですから、並大抵ではない“根 気”も求められるご苦労があったものと思います。
ⅲ)結びつく縁
 そのような背景をもった札幌の「製造業」を営むお二 人の経営者が揃い、そこに「自然食品」に厳格な基準を 求められる三好先生のワインへの関心、それを理解する “樽人”との出会い、さらに「新水いぶき」産みの親で ある新藤社長とも結びつく“縁”が、札幌で生まれまし たことをご報告いたします。
 「全国に数多いワイナリーでも、三好先生の求めるレ ベルを引き受けるところが無いんですねえ」と話したと ころ、田村先生、「そりゃあ、そうでしょう! 何しろ 手間隙をかける造り方ですからコスト計算を先にすると ころでは無理でしょう」と笑顔で答えて下さいました。
ⅳ)仕事の姿勢
 ここに関係者の共通項が見出せるように思いました が、「新水いぶき」を愛飲される方々にも通じるものが あるように感じられたものです。それは、仕事や人生へ どのような姿勢で立ち向かっていくのかのようでもあり ました。それについてある方が教えてくれました。も し、病気になって医師に診てもらおうとした際に、その 医師が金儲けを第一にしているようでしたら、気乗りが しないでしょう。一方で常日頃から1人でも多くの人を 救いたいと実践されている医師でしたら、そちらに足を 運ぶことになるでしょう……と言う訳です。それは医師 を選べる条件があってのことですので、そんな贅沢は 言っていられない地域にお住みの方々にはピンボケな解 説かも知れません。
 それでも、今の日本という国では、幸いにも「水」も 「ワイン」も一応、選ぶことのできる環境にありますの で、作り手の人柄までも想像して選択することは可能で す。恵まれた社会の1つの基準を示しているとも言える ように思います。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730