北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

卯月 00038

北海道天然水 2015年 卯月 00038

新水IBUKI通信

ご報告:本年3月1日付けで「札幌市食品衛生管理認定制度」の認定施設に。
                 <認定第82号>

 日頃より皆様方にお届しております「北海 道天然水 新水いぶき」を製造しております 北海道良水㈱の製造施設は「札幌市食品衛生 管理認定制度」の基準を満たした的確な衛生 管理を実施していることが認められて、平成 27年3月1日付けで「札幌市食品衛生管理認定 制度」の認定施設として認められ、認定証を 頂きました。
北海道良水㈱は「無殺菌・無除菌の美味し い生きた水」を安心して飲んで頂くために、 安全には万全を期して参りますので今後共、 ご愛飲のほど、よろしくお願い申し上げま す。
※「札幌市食品衛生管理認定制度」とは、「北海
  道HACCP自主衛生管理認証制度」と同じ評価
  調書を使用して、札幌市内で製造、販売、提
  供される食品の安全を確保し、食品の安全性
  への信頼を高めるため、「札幌市食品衛生管
  理認定制度」を平成16年度に創設された制度
  です。この認定制度ではHACCPの考え方に基
  づく衛生管理の基本的なことを取り入れて、
  食品の安全確保を図ることを目的としており
  ます。なお、認定に際しては、認定審査会に
  おいて認定審査員による厳正な審査により認
  定が決定されます。

「和食」を大切にするならのお話。

 『日経おとなのOFF』(発行・日経BP社)と いう月刊誌の4月号特集は「『和』の基本心得 帖」というものでした。No.166ですので人 気雑誌の一つです。その「和の心得十カ条」をリ ストアップします。以下の通りです。

(一)和食(だしを制する者は和食を制す!)
(二)大和言葉 (三)和紙     (四)もてなし
(五)日本美術 (六)和菓子    (七)日本酒
(八)七十二候 (九)和室マナー (十)日常動作

               *
 そのトップに挙げられた和食。「和食の肝はだし。 昆布、カツオ節、水だけで世界が憧れる旨みが出来上 がります」……と「うね乃」(京都の『だし卸』店4代 目)の采野元英さんのアドヴァイスを得て『だし』に ついての薀蓄を文字と写真で解説しています。 そして、一番だしの取り方として材料は、シンプル に3点。「昆布」「花かつお」「水」。
「昆布」も、「軟水の京都で一番出しに用いるのは 利尻昆布。東なら羅臼昆布でもよい。上品な旨みが出 る」ということで、「水」の特性に応じて、同じ北海 道の昆布でも北の利尻、東の羅臼と使い分けるきめ細 かな助言。理由は、「欧州などと比べると軟らかな日 本の水も、東は西よりも硬く、その分、食材のだしが 出にくいとされる。この違いが顕著に出るのが昆布だ (中略)京都の軟らかな水だと羅臼昆布はだしが出過 ぎて甘めになるため……」とのことです。
「新水IBUKI通信」読者でしたら、「じゃあ、 水は?」と聞いてみたくなるものと思います。「水道 水でもかまわないが、より洗練された味にしたけれ ば……」と続きます。
               *
ここで、「新水いぶき」の名前が出てきたら“出来 すぎ”になってしまいますが……。
そこで、その代わり? にご紹介させてもらいたい のが、以前にご報告しました「レストラン NOM A」のシェフのレネ・レゼピさん(37歳)のこと。 3月1日の新聞に大きな顔写真入りで登場していまし た。
記事は、「今年1月から2月にかけては、東京のホ テル内に出張店『ノーマ・アット・マンダリン・オリ エンタル・東京』を開いた。(中略)東京店にはさまざ まな国からの予約が殺到し『最終的には約6万人にま で伸びた』そうだ。」と出張店の様子を伝えていまし た(朝日新聞:2015年3月1日・13面)。 その出張店からご指名を受けて、提供していた水が 「新水いぶき」だったことは、本通信でもお伝えして いた通りです。世界に評価される「天然水」が北国、 札幌にあります。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730