北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

文月 00041

北海道天然水 2015年 文月 00041

新水IBUKI通信

野外の炭火焼で「自然」再発見
     本田 裕美子(石狩市)

 札幌の知人のお宅に遊びに出向きました。5月 の末でした。「新水いぶき」つながりのご家族で す。もともとそのお宅では久しぶりに家族揃っ て、野外で昼食を……という計画だったようで、 仲間に入れてもらいました。行き先は「前田森林 公園」(札幌市手稲区)にある「バーべキュー広 場」。
 屋根つきの卓、野外の卓ともに満席。それを承 知の人たちは、簡易コンロ持参で自前の卓作り。 ピクニックですね。アウトドアに慣れ親しんだ人 たちは、火熾しも手馴れたもの。さすがに「ガス コンロ」派は少数だったようですが、「炭火」派 は、“自然”素材の燃料で焼かれた肉の美味しさ を知っているのでしょう。同じく、魚も炭火焼が 一味違いますね。
          *

あちこちから、良い匂いが歓声と一緒に流れて きました。
「人々が集まって車座になって、食事をする」 という光景は、きっと人類が始まって以来の古典 的な儀式のようですが、そうした時間と空間を共 に過ごす仲間は、やはり生きていく上で不可欠な 存在なのでしょう……。幼い子ども連れの若い家 族同士が複数で愉しんでいる光景は、見ていても 気持ちが和みました。
知人の一家も用意してきた食材を手際よく焼い て、皆で「やっぱり炭火のは美味しいね」と言い つつ、炭の位置を火鋏で調整しながら、「あっ、 もう良いかな?」「これ、大丈夫!」と焼きあ がった食材を卓の方に並べてくれました。「焼く 人」「食べる人」「飲む人」が交代しながら、楽 しいひと時を過ごさせてもらいました。焼きすぎ て真っ黒というのが無かったのは、食がススンデ いたことを証明していました。
知人宅が用意してきた飲料の中には、「新水い ぶき」もありましたことは申し上げるまでもあり ません。
「自然の火」、「自然の水」が、人工的に作ら れた広場ではありましたが、街中の洒落たレスト ランとは別の魅力を演出していましたことをご報 告させてもらいました。

編集から⇒ 本田さんのお便りの数日前、道内の大学の学 生食堂で「一人向け席」の導入が進んでいることを伝える 新聞報道がありました(「北海道新聞・2015年5月15日・夕 刊一面)。横一列に座るカウンター席が、「個食」と「孤 食」がイコールにならないように願うところです。
本田さんの行かれた「前田森林公園」ですが、カナー ルと呼ばれる細長い「人口池」があって、これが圧巻で す。未見の方には、一度、足を運ぶことをオススメします。
名物の「ふじまつり」は6月ですので終わっていますが、 それでも行く価値があります。

札幌の良さ!
     T・S(二都生活者・在札)
 仕事のため日本で数都市、世界で数カ国、数年単位 で生活してきました。定年後は、その中で僅か1年の 勤務だった札幌にきて暮らしています。1年では、札 幌の魅力を堪能できず、今も自宅のある東京との二都 生活を送って満足の日々です。
 札幌の良さはたくさんありますが、地元の人は、当 たり前すぎて気づいていないようですので、一つご紹 介させてもらいます。
          *

 友人に誘われて、都心部にある小さな喫茶店にご一 緒させてもらいました。満席状態でした。でも、カウ ンター席の両端にいらっしゃった方々が、常連さんな のでしょう、「どうぞ」と席を譲って下さいました。
 そのさりげない気配りは、お店を大切にする方々の 集う場になっていることを教えてくれました。今度 は、自分にそのような機会があれば、恩返ししたいと 思ったものでした。
 カウンター席についたおかげで、ネルのフィルター を扱うマスターの手際のよさ、さらにはポットの細い 口からお湯を注ぐときの丁寧さとリズミカルな動きを 見とれるようにして眺めることができました。
 思わず、銀座8丁目の「カフェ・ド・ランブル」を 思い出したものです。そして、美味しい「ネルドリッ プ」のコーヒーを愉しませてくれる小さな喫茶店があ る街って、贅沢だなあと思えたものです。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730