北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

葉月 00042

北海道天然水 2015年 葉月 00042

新水IBUKI通信

そんなのあるんですね・・・・・
     磯田 裕一(札幌市)

 『週刊現代』っていう週刊誌を久しぶりに購入 しました。カラーグラビアで紹介されている“最 高級「食パン」の秘密”をじっくりと読もうと 思ったからです。2015年7月11日号でし た。そこで紹介される「食パン」は、

「なんと、一本 6500円!」/採算度外視 の素材選び+独学で築いた製法=唯一無二の逸品

というのです。兵庫県・姫路市にある食パン専 門店『レトワブール』は、11年前にパン好きの 夫婦が創業して、いまや、全国から『XO食パ ン』(1本・6500円)に注文があるというの です。一般的なパン作りとの違いも、10の製造 工程を写真入りで公開。高級素材も公開。配合、 温度、発酵の関係を毎日記録していることも、そ の日の湿度・気温で作り方を変えることも、この 製造においてはアッタリマエなのでしょう。
 未公開にして“秘伝”に仕立てるような安直な 考えももっていないようです。技能で突出する世 界ということでは、パン作り界の無形文化財と言 えるのかも知れません。「人が生み出す技術力」 への信頼があって誕生した食パンと思われます。
 「新水いぶき」を知る身としては、その工程で 使用する「水」は? と気になりました。じっく り読みましたが、「小麦粉を水ではなく『熱湯』 で練る。……」とあるだけでした。熱湯と言っ たって、最初は「水」ですから、ちょっと知りた いところです。少なくても水道水とは書いていま せんでした。

「これだけの代金を頂くのですから、誰にとっ ても文句なく美味しい、食べると幸せになるパン を目ざしています」という台詞は、自信の裏づけ があって言えるものでしょう。
          *

 この記事を読みながら、写真を眺めながら、 「新水いぶき」も「誰にとっても文句なく美味し い、飲むと幸せになる水」ということで、現在、 全国で愛飲されているのだなあ……思いましたこ とをお知らせ致します。

「花」も「新水いぶき」で幸せ!
     Y・K(帯広市)

 シクラメン、と聞いて「真綿色」「うす紅色」「う す紫」と思い浮かべる方は、1975年に大ヒットし た「シクラメンのかほり」が、何らかの思い出と一緒 に心に刻印されているのではないでしょうか。
 ここでは、Y・Kさんからいただきましたシクラメ ンの話題をご報告いたします。「新水いぶき」に深く 関係するお話です。……
 「シクラメン」は主に冬を彩る鉢植えの花として馴 染み深いものですが、肥料など与えてやると夏でも咲 く事があると聞いておりました。また、目にもしてき ました。昨年11月に知人から満開のシクラメンを頂 きました。充分に鑑賞させてもらい、大役を果たした かのようにその花も枯れていきました。そんな球根だ けになったシクラメンにそれとなく時折「新水いぶ き」を与えていたら、新芽が次から次と顔を出して来 て、6月中頃には満開になりました。1ヶ月を過ぎた 今でも綺麗に咲いており、更に新芽が続いています。
 与えているのは「新水いぶき」だけです。
 植え替えとか、肥料とか、一切無しです。
 花に「新水いぶき」を与えるのは少し贅沢かも知れ ませんが、ご興味のある方は、一度、花に「新水いぶ き」をやってみては如何でしょうか。きっと花は、今 までの水と違った反応を示してくれると思いますよ。

【編集より】シクラメン以外にも。  「Y・K」さんの情報提供に納得することがありました。この通信 を作成している事務局の部屋に鉢植え植物が2種類あり、殺風 景な空間に緑色の安らぎを提供してくれています。贈られた時 は、見事な花も咲いていましたが、今は「観葉植物」として立派 に現役生活を送っています。
 幸い部屋には「新水いぶき」がありますので、気が向いたとき、 何かで余った際などにチョロチョロと鉢に注いでいます。シクラメ ンのお話と同様に最近は、若々しい黄緑色の小さな葉が次々 に育ってきています。「新水いぶき」を与えたものと与えていない ものを比較観察しているわけではありませんので、これ以上のこと は言えません。が、確かに「ヨサソウ」です。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
FAX:011-883-2730