北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

霜月 00045

北海道天然水 2015年 霜月 00045

新水IBUKI通信

☆水と森林資源の関係☆
     M・Y(札幌市)
「新水いぶき」について、日ごろの愛飲させて もらっているお礼をかねて、個人的なものです が、情報をお知らせ申し上げます。
首都圏から札幌に移住してきて20年以上にな ります。自然に惹かれて、木々の豊かなところに 住みながら昔と変わらない仕事を続けています。 通信環境がそれを成立させてくれていますの で、IT革命の恩恵ということもできます。さら に言えば、生活圏の中と言えるほどのところに森 林があることも私には嬉しい自然環境です。
この通信でも時々、豊かな自然環境にふれたレ ポートのような文章に接しますので、誘われるよ うにしての雑文ですけれど。
          *
9月の末に札幌の時計台(は有名ですね!)の 2階にあるホールで講演会がありました。その日 は、雷雨まじりの「荒天」でしたが、講演は大変 に面白く、会場は満席だったようです。
運営する事務局の方が「本日は申込者が多く、 前からお座り下さい」と懇請されていたので、素 直に前の方に着席しました。そのため後ろの様子 は十分には分かっていないのですが。
講演者は、「月刊内田」と言われるほど著書が たくさん書店に並ぶ大学教授だった方。
1950年生まれ。哲学者+武道家+能楽も嗜むとい うほどに活躍されている内田樹(たつる)先生のお話 は、四方八方につながりながら拡がっていきました。
その内田先生の最新の文庫に「最終講義」(文春文 庫・2015年6月刊)があります。その158頁に

日本人の方が自分たちが持っている「宝」の価値に 気づいていない。(略)
日本には世界有数の豊かな森林資源が残っていて、 水資源も豊かです。水は「二十一世紀の戦略物資」と 言われていますけれども、大事なものですよね。もし かしたら将来、日本は「水を売る」という産業の拠点 になる可能性だってあります。
現に、日本の水源地を買い占めている外資系企業も あるくらいですから。これがたぶん日本の誇れるもっ とも貴重な資源だと思います。


とあります。2010年6月の講演会記録で す。5年後の今、内田先生の推論はあたっていた ように思えますが、いかがでしょうか。

☆「ポートランド市」って?☆

札幌市が56年前も前に!初めて姉妹都市の相手先 に選んだアメリカのオレゴン州(西海岸)にある都市 です。
1959年当時の札幌市長は、4月まで高田富與さ ん、5月から原田與作さんという方です。半世紀も前 に交流し始めた歴史をもつポートランド市と札幌市。 札幌市は、相手を選ぶことにおいて、先見性のあっ たことをもっと自慢して良いのではないでしょうか。 同市が人気のある都市になっているのを象徴するフ レーズは以下のようなものです。

 ①米国で最も環境にやさしい街【1位】
 ②米国のベストな都市【1位】
 ③最も自転車で移動しやすい米国の大都市【1位】
 ④米国で35歳以下が最も暮らしやすい都市【1位】
 ⑤世界の都市トップ10【10位】

その理由を分析する参考資料もありますが、お二人 の日本人による同市へのコメントが一番でしょう。

◆ポートランドを選んだ理由(要旨)  ⇒街中に樹や草花があふれ、自然保護に力を入れている。  ⇒車なしでも生活できる。進歩的な気風。  ⇒市内に河が流れ、海にも程近い。素敵な図書館や大きな 書店もある。 (渡辺葉『樹のあるところに、住みたくなったから。オレゴ ン州ポートランドのゆるやかな暮らし』2007年2月よ り)(椎名誠の娘さん) ◆毎年「若い世代の人々が暮らしたい都市」リストの上位に 食い込んでいる。そのような人々はクオリティの高い、しか し華美ではない生活環境を求めているし、外食もそのライフ スタイルの大事な一部である。 (村上春樹『アゴラ2008年4月号「二つのポートラン ド」』より)

札幌市も「新水いぶき」を産出する自然環境とこれ を採水する新規事業に取り組んだ進取性ある起業家が 存在します。姉妹都市としてもポートランド市を追い かけることは十分に可能と思っている……この通信編 集室であります。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744