北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

師走 00046

北海道天然水 2015年 師走 00046

新水IBUKI通信

☆「お米」と「お水」☆
     編集室

 10月28日(水)に札幌消費者協会が主催す る食味テスター講座がありました。この日は「道 産米を美味しく味わおう」というテーマで札幌駅 北口近くのビル内で開催。札幌の千野米穀店の徳 永代表が「米の研ぎ方から炊き方までを伝授し、 “美味しいおにぎり“を追求する2時間の炊飯ス テージでした。使用する素材は、吟味されつくし た道産米と「新水いぶき」。炊き上がりは、最上 級の「白子のり」と「海鮮ふりかけ」(満福庵 製)でも楽しめる内容でした。
          *
道産米の評判が高まっている最近、農家さんを 含めた関係者の努力の結果が実り出しているこの チャンスを活かすため、“ごはん”の魅力を実演 付きで老舗お米屋さんが熱く、かつユーモアの匙 加減も巧みに解説されていました。使用した5種 類のお米は、「ゆめぴりか」「ふっくりんこ」 「ななつぼし」「おぼろづき」。そして見事に炊 き上がりました。
講習途中で炊飯器から湯気が立ちのぼりはじめ て、会場に「良い匂い」が漂い始めると、受講生 の皆さんの表情が期待感で輝き始めました。
結果は、スッピン状態の白米だけを食べても美 味しい、ふりかけも美味しい、海苔も美味しいの 三重奏で、テーブルごとの受講生の方々は、満足 気な様子と驚きの表情も見せていました。 1種類をたべて、次に移る前には「新水いぶ き」で口をリセット……というプロセスを経るた びに「どれも美味しいね」という声も。
          *
「ご飯炊き」のプロセスは、「軽量」⇒「洗 米」⇒「水加減」⇒「浸漬」⇒「炊飯」(煮る→ 蒸す→焼く→蒸らし→ほぐす)⇒「喫食」の流れ です。今回は、炊飯の「水」も吟味。「炊飯歴」 数十年というベテランの方々の参加者も「水」に よってもここまでレベルを上げることができると いうことを実感されていました。
主催者(札幌消費者協会)の方では、「新水い ぶき」がデビューしたての頃から札幌産出のこの 天然水に着目していたこともあって、「良水」に ついては先刻ご承知でした。消費者協会の名にふ さわしい準備の良さでありました。

☆「水」の資源って?☆
     T・A(広島市)

今年、転勤で札幌を離れた後に「新水いぶき」を知 ることになるとは、皮肉なものです。でも生まれ育っ た故郷に良いものがあるということは、一人暮らしし ながらでも何か心の小さな支えになってくれて嬉しい です。帰郷したときには、実家でたっぷりと飲むつも りです。
NHK教育テレビに「デザインあ」(土曜日午前7時 ~)という愉しい番組があります。その一つに「考え ていない」というコーナーがあるのです。日常生活で 慣れっこになっている動作を、高速度撮影して実況中 継のように解説すると、人間の動き方ってなんて!ス テキなんだろうと気づかせてくれます。
「新水いぶき」は、私にとって「故郷と水」を考え させてくれるきっかけになりました。それまでは正直 なところ水について「考えていない」のでした。
          *
そんな時、10月の新聞に環境省環境調査研修所主 査という肩書きをもっている方の投稿記事を発見。

……水の惑星と言われる地球だが、その大部分 は海水で、淡水は地球上でも限られた地域に、限 られた分量しか存在しない。気候変動が進行し、 世界で干ばつが多発している(中略)淡水による 安全保障を提唱したい。……

 というのです。
 まるで思考回路を高速度撮影するような感じです。
「気候変動が進行し、淡水の希少価値がさらに高 まれば、輸出品という一層、強力なカードになる 可能性もある。」とまでおっしゃっているのです。
水のことをそんなふうに「考えている」人たちがい たことにビックリしました。海水を真水にするために は、大変な装置を必要とすることでしょうし、この日 本という国では、そんなことを「考えていない」状態 でも淡水を入手できるのですね。このことに感謝した くなる最近なのです。
縁があってヘンな投稿をさせてもらいました。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744