北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

卯月 00050

北海道天然水 2016年 卯月 00050

新水IBUKI通信

1938年生まれ、医師を現役続行……
             編集担当事務局
 「新水いぶき」の最初のリーフレットに顔写真 入りで推薦文を寄せていただいた医学博士の丸山 淳士先生。「新水いぶき」の最も初期の段階で試 飲してくださり「老若男女 なかでも妊婦さん 赤ちゃん 子どもさんに お勧めします。」と言 い切ってくださったお医者さんです。
 それから5年が経過しました。丸山先生のおっ しゃる通りに多くの方々が、この水がカラダに優 しいことを実感されているところです。
          *
 その丸山先生、当時も今も週に1回は札幌から 釧路へ出張診察。札幌にいる時は、午前7時には 病院(札幌市南区真駒内)に出勤。診察前にラジ オ生出演(電話)などの仕事をこなしている元気 ぶりです。8時からは、スタッフとの打合せな ど、この目で目撃している事実です!
          *
 「今年は80歳になりますよ!」と笑顔で話さ れたのは、札幌市のある区で開催された「文化講 演会」の講師控え室に挨拶に出向いた時のこと。 平日の午前中でしたので、聴衆は高齢者が中心 でしたが、丸山ファンも多いらしく皆さん、古典 落語「芝浜」を愉しむ雰囲気でした。
自分よりの年上の現役医師から健康の基本の心 構え、薬の取り扱いなどを「役立つ情報」として 笑いながら聞けるのですから、一石二鳥。講演会 場に出かけて行ける自分の心身に感謝するかのよ うに「じゃあ、先生、来年も待っていますよ。」 と約束している光景は微笑ましいものでした。
          *
 丸山先生のこの日の話のキモは「生を貧しくし ない」、つまり「生きている今を豊かにするため に心がけること」の数々。その中には、「水分」 をしっかりと確保する話もありました。
人間の体温変動は、上下2度の範囲が精一杯 (38度~34度の範囲内)。それを越えると思 考も機能も停止状態でしょうし、水分、血液のこ とを想像しても平熱の大切さがわかります。免疫 力を高めることになる笑顔つくりを実践されてい る丸山先生でしたが、村上春樹の愛読者でもあっ たことを初めて知りました。そこからも80歳を 前に進化し続けていることを確認できました!

ここにも「夢の扉+」
             N・Y(千葉県)

 今年の2月21日(日)に放送されたテレビ番組。 「夢の扉+」という30分ものでした。同姓の女性が活 躍する番組で、見れたことをラッキーと思いました。 「無農薬」の米を使って「化粧品」をつくる奥州市(岩 手県)での実話。
国の減反政策のため、食べる米を作ることができなく なった農家と「知恵」と「勇気」をふりしぼった女性・ 酒井里奈さんを中心にして取り組んだとても「大きな物 語」です。
……しかし、大きな物語になる準備段階というか、前 段があることは、番組ではなくインターネットで知りま した。花咲く前に約10年以上の歳月がありました。           *
1996年:「新時代の胆沢型農業を考える会」結成
1999年:「胆沢町農業者アカデミー」で米からエタ
      ノールをつくる話(東北大学の教授参加)
2004年:「新エネルギー研究会」設立
2006年:同町で国際シンポジウム開催
2009年:エタノール製造の実証実験(市の事業)
      「緑の分権改革推進事業」(総務省)採択
     :酒井里奈さん(東京農大醸造科学家・
      研究生)が「会社設立」
          *
 エタノールを燃料にしてしまうには、製造コストが高 すぎて無理と分かってから、無農薬の米という強みを生 かして石鹸、化粧品の道を切り開くことに。そこからマ スコミの取材も増えた……ということのようです。
 無農薬=カラダに優しい、この関係が付加価値の高い 製品を提供するブランドになっていくプロセスは、物語 としても興味の湧くところです。           *
だって、です。 「新水いぶき」も、「カラダに優しい」点では、愛飲 されている方々が、体感されていることと同じです。
『殺菌・除菌なし』のミネラルウォーターとして国内初 のものとして昨年(2015年12月)認定されたこと は、この通信を読んでいらっしゃる方々は先刻ご承知の 通りです。「新水いぶき」の物語が、これからも大きく なること期待しています。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744