北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

皐月 00051

北海道天然水 2016年 皐月 00051

新水IBUKI通信

1936年生まれ、バリバリ現役……
             編集担当事務局
前号で1938年生まれの道産子・医学博士の 丸山淳士先生をご紹介させてもらったのですが、 今回は1936年生まれの道産子・Mさんです。
          *
Mさんと小人数での昼食会で、数年ぶりにお会 いしました。お元気さは、昔のままでした。
ご本人曰く、「8kgほど痩せたことと、なぜ か目が良くなって眼鏡がいらなくなりましてね え」と某大企業のトップ時代と変わらない“はつ らつ“というのか、特徴ある張りのあるお声は変 わっていませんでした。
          *
年に1回か2回の故郷への訪問のようですが、 北海道、札幌への「思い入れ」は昔のままとお見 受け。それは来札時の過密な日程からも容易に想 像できました。
新聞の「首相動向」欄には、官邸に来た方々の お名前が掲載されますが、もし、Mさんの今回の 来札で会った方々のお名前を知れば「現役時代と 変わらないね!」と思う方が多いでしょう。
          *
そのMさんが、実にささいな事にまで気がつく ことを垣間見せてくれたエピソードです。
昼食兼歓談の時間が終わり、Mさんが次の会場 に行こうとされて席を立った時です。背広の左肩 に白い毛髪が1本付いているのを見つけたので、 取ってあげようと右手をのばしたところ当方のポ ケットから小さなメモ用紙が畳にフワリと落下。
すると、Mさんが「何か落ちましたョ」。
          *
この繊細さに驚いて「能」も舞う方に伝えたと ころ、以下を教えてくれました。
何気ない小さな一場面ですが「躰」(からだ) がしっかりしている証拠です。昔の人に残ってい る「體」(からだ)は、現代人の「身体感覚」よ り精度が高いとのことです。
Mさんは経営者としても優れた方ですが、神経 の繊細さは、武術家としての「軀」(からだ)の 域にもあるのでは? ということでした。
この「からだ」解説に納得できたのは、Mさん の経営手腕の実績が裏付けがあるから尚のことで した。

あの「ノーマ」の話です。
             H・Y(東川町)
【H・Yさんからお電話をいただきました。】
昨年(2015)1月10日(土)の地元新聞(北海 道新聞)の28面に……「天然・無殺菌」札幌の水 東 京高級店に……という見出しと写真入の記事が掲載さ れてから、1年半が経過しましたね。その高級店が 「ノーマ」と聞いて、「?」と思った人も多いのでは ないでしょうか。
私を基準にするのは、申し訳ないのですが、全く知 りませんでした。でも出店先が「マンダリンオリエン タル東京」と知ってスゴイ話かも? と思いました。
          *
その時のことを思い出させた新聞記事を見つけたの でご報告しますね。「朝日新聞グローブ」(2016年 4月3日)にマイケル・ブースさん(英国生まれ・ジャー ナリスト。『英国一家、日本を食べる』の著者)が連載の 初回に「ノーマ」を取り上げているんです。-昨年マ ンダリン オリエンタル 東京に何週間か出店した時も、徹 底して日本の食材にこだわり抜いた。-とありました。
          *
その徹底ぶりが、札幌の「新水いぶき」の指名にま で繋がっていたわけですよね。
レネ・レゼビさんという有名なシェフが地域性と季 節感をいかに重視しているか!でしたね。その方が、 今年1月には豪州でやはり徹底的に素材の地産地消を 追究したとのこと。地元食材のワニ油、カンガルーの 塾成肉などを使った、という話も「新水いぶき」を指 名してきたシェフなら当然なのでしょうね。
ブースさんは、「ノーマ」の事業展開は、ファスト フードと冷凍食品で成り立っている肥満国家を救って いる……と評価するのですが、外国人としては初の 「ノーマ」を取り上げた方だそうです。“初”という ことの意味は、やはり歴史に名を刻む権利を有してい るのでしょう。そして、初に挑戦している人たちの感 性には、何かがあると思われます。
「新水いぶき」を飲みながら、それを感じるのも愉し いひと時です。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744