北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

皐月 00052

北海道天然水 2016年 皐月 00052

新水IBUKI通信

札幌発の良い“天然水”で世界へ……
             編集担当事務局
半世紀以上も昔、札幌市が初の姉妹都市として 提携した米国のオレゴン州・ポートランド市(以 下、ポ市)。
そのポ市が、全米一住みやすい街として昨今は 大変な評判とのこと。全米だけではなく、世界で もベストテンに入る人気ぶり。
          *
目ざといデパートでは、「ポートランド・フェ ア」を企画して、特産物を輸入販売して大成功。 もっと知恵を働かす自治体は、ポ市の街ヅクリに ついて視察団を派遣、あるいはポ市開発を手がけ ている担当者を招いて意見交換、フォーラム開催 と熱を帯びだしている状況。
ポ市の落ち着いた街づくりに新しい価値観を見 出そうとしているようです。
          *
その中には「地産地消」の動きもたくさんあり ます。「食」も愉しんでいるのです。さらには古 い街並も大切にしている……などなど。
高層ビルを競って建てて、近代化に邁進する路 線とは一定の距離を確保しているかのようです。
          *
そこで、「新水いぶき」。
新水いぶき」は、純粋に札幌生まれの札幌育 ち。もし、地産地消というマラソン・レースがあ るならば、控え目に言ってもトップランナー・グ ループの一人であります。
無殺菌・無除菌という製品の純粋性もさること ながら、それを日本で唯一というお墨付きを得る までに行政との粘り強い交渉を遂行した北海道良 水㈱の起業精神は、お見事。
          *
残念ながら現状で札幌市とポ市の世界レベルで の人気度合いは、大きく離されています。
が、しかし、です。ポ市に追いつき、追いこす 手がかりの一つに“純”地産の「天然水」の存在 があります。
幸い、札幌市民が中心になって昨年秋に始めた 「遠友みらい塾」(塾長は、北海道生まれ、札幌 出身の寺島実郎氏)という活動から生まれたある 部会は、「新水いぶき」にも着目して動き出して います。

やっぱり「新水いぶき」はスゴイ!
             H・M(札幌市)
【以下はいただいた電話でのお話です。】
 いつもパンを焼く時、普通は「新水いぶき」を使って 道産小麦粉(主として強力粉、時々ライ麦粉、全粒粉) をこねるのですが、その日は「水道水」を使ってのパン 作りになりました。
 訳は、アンパン用に「餡」も最初から十勝の小豆を 「新水いぶき」で浸水してから煮るという贅沢をしたた めに「新水いぶき」が不足してしまったのです。私の初 歩的なミスでしたが、おかげさまで「餡」は好評でした。 これにはチョッピリ反省しましたが、案の定、水道水 では、パンの発酵がいつもより時間がかかり、ふくらみ もイマイチでした。
イーストが水道水では、充分にその力を発揮できない ことを改めて確かめることになってしまいました。
          *
 この分解って、不思議な生命現象です。
炭水化物そのものは味がなくても、でんぷんが分解さ れて糖になれば甘いし、タンパク質は分解されてアミノ 酸になって「うま味」になっていくのですね。美味しい 「食事」は、生きていて良かったと思える「生命活動」 そのものだと思います。
だから、「生きている水」の「新水いぶき」が、食材 との相性も良くて、生き物同士のハーモニーみたいなも のが自然と奏でられているように思えます。
「パン」の膨らみ方から、「新水いぶき」の威力を “再”確認いたしました。小豆も浸水から使ってみて美 味しさを堪能したところです。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744