北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

文月 00053

北海道天然水 2016年 文月 00053

新水IBUKI通信

札幌「新水いぶき」と福岡「スタートアップ」
             M・I(福岡市)
 この数年、札幌に帰省する楽しみの一つに「新 水いぶき」をたっぷり飲むことが定着しました。
 故郷に自慢できる商品、自然環境などがあるの は、鼻が高くなるような気分の良さがあります。
「天然水」という自然からの恵みそのものであ り、さらに「生命」を支えるオオモトの素材が、 宣伝抜きという大人っぽい流通で全国に届けられ ていることに驚きます。そして、チョッピリ、ジ レッタイのです。
          *
 もともと道産子の自分ですが、福岡市に住むよ うになって30年以上にもなります。
 そこで思うのです。もし、福岡でこんな地場の 優れた産品がデビューしたなら、札幌みたいに大 人しくはしていないだろうと。
 何しろ行政が自らが「福岡市スタートアップ・ パッケージ」というような仕組みを用意して、日 本初の事業支援を行っている土地柄です。
 それに惹かれてでしょうか。福岡市は人口増加 率で全国の政令市で1位、しかも若者率の高さで も1位という勢いです。国勢調査の速報値でも、 政令市では5位に。札幌は4位です。
          *
 福岡では市民のチャレンジに対して、躊躇なく 支援します。そのための知恵も人も、お金も用意 する準備ができているのです。
 札幌も日本初の高品質の天然水「新水いぶき」 については、もっと広く知られるようにすれば、 札幌の自然環境の良さを広く全国、全世界にア ピールできるのでは? と素朴に思います。
 札幌市にも福岡市と似た取り組みや制度もある ことでしょう。でも「カタチ」の模倣ではなく、 そのカタチになっている「ココロ」の部分に着目 する人たちが、どれくらい? いるかどうかなん でしょうね。
          *
 札幌のテレビ局で20年前に始めたバラエティ 番組が、今は全国各地の15局で再放送されるま でにした有名ディレクターさんもいる故郷ですか ら、グイッと「新水いぶき」を飲みながら、もっ と全国に知られるようになることを期待している ところです。

【小学2年生が教えてくれました!】

道南で6日間続いた子どもの捜索活動結果は「朗報」 の結末で何よりでした。そして、「水」が命の綱であっ たことも忘れてはならない教えの一つでした!


54年前の結婚祝賀会案内状と先見性
             編集事務局
 ある展覧会が開催されるという小さな新聞記事に誘 われて、札幌市西区に出かけて行ったところ、期待以 上の濃密、かつ心地良い空間に出会えました。
 そこのギャラリー・オーナーであるYさん(1936 年生~)が高校生の時に出会って以来、交友を続けた詩 人であり歌人であり劇作家でもあった多才な寺山修司 (1935~1983)との交流の一部が「ポスター」を 通じて紹介されていました。
          *
 後日、知った1962年5月29日に行われた寺山 修司と九條映子さんの結婚祝賀会の案内状には、発起 人13名が並んでいました。「石原慎太郎・戸板康 二・和田勉・谷川俊太郎・武満徹・塚本邦雄・久野浩 平・大島渚・矢代静一・浅利慶太・白坂依志夫・篠田 正浩・須川栄三」……と。
 Yさんは、読み解きます。青森出身の寺山修司は、 青森が太宰だけの故郷ではなく、寺山にとっても譲れ ない故郷でありテーマだったのではないかと。この話 題を本通信で取り上げるのは、先見性ということに着 目したいからです。
 つまり「新水いぶき」を愛飲されている方々も、料 理人として「味」を求めて「新水いぶき」を採用され ている方々も、上記の発起人のような先見性の持ち主 では? と思ったのです。
 寺山が早熟の才人だったとは言え、27歳の寺山と深 い交友関係を築いていた13名の発起人たちのその後の “大”活躍ぶりは、後知恵ながら立証済みです。
          *
 「新水いぶき」にいち早く着目し、品質に納得して愛 飲されている多くの「日本人」の存在も、上記の発起人 と似た感性と大活躍の今と未来をもった方々ではないで しょうか……。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744