北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

葉月 00054

北海道天然水 2016年 葉月 00054

新水IBUKI通信

マイケル・ブースさん
             編集事務局
  「食」と「旅」を専門とする英国生まれの ジャーナリスであるブースさん。その存在の大き さは、「ノーマ」に着目されていたことで知りま したが、今度は「腸」と「細菌」に着目して「食 の大切さ」を論じていました(朝日新聞・GLO BE・6月)。
          *
私たちの体内の消化器官に生息する細菌や微生 物は、約100兆だそうです。人間としての細胞 は、昔は60兆と言われていましたが、最近は学 問的に約37兆と捉えられているようです。
どちらにしても肉眼でカウントすることは、宇 宙の話みたいで不可能です。
          *
しかし、現実にその細胞の数より多い微生物が 私たちを生かしてくれていることは確かなので しょう。
 このことを想像すると、その微生物達に対して 優しい食素材を送り届けるのが、日ごろの生命活 動を維持してくれていることへの正しい返礼とい うものではないか!とおしゃっるのです。
          *
 腸内に「塩素消毒水」や「化学添加物まみれの 加工食品」で負荷をかけてはいけない……とかな り過激な主張です。
そして、幼い頃から自然の食品に馴染んでいる ことが大切で「心身のバランスを整えるために腸 が必要とする細菌を含」む日本の伝統的食材(み そ、しょうゆ他)が重要と日本にエールを送ってく れています。
 当然、ここには「無殺菌・無除菌」の「新水い ぶき」も腸が喜ぶ天然水ということで選ばれるこ とでしょう。
 最近、「新水いぶき」を愛飲し始めた女性が、 「我が家で誰よりも喜んで飲むのが、まだ1歳に もならない孫なんです!」と嬉しそうに話してく れました。
 ご本人も美味しいと思って飲んでくださってい ますが、孫と一緒というのが、一層、味を引き立 てているようです。乳児は理屈以前に正確にカラ ダとして反応しているでしょうし、そして孫に良 いものを提供できるのも幸福なひと時でしょう。

「葉」月と「新水いぶき」
             Y・K(神戸市)

 八月は葉月とも表現する日本の言葉。古語辞典の解 説は別として緑色の「葉」が輝く季節にふさわしい! と思う人も多いのではないでしょうか。
その葉も光合成という生命活動によって生い茂るわ けですが、植物学の大家が若い人向けの入門書を書い てくれたのを読むと、ここでも「水」の重要性が力説 されていました。
 確かに植木鉢の植物に水をやり忘れるとたちまち萎 れてしまい、やがて枯れる経験は子ども時代に悲しい 思い出として記憶された方もいらっしゃるでしょう。
          *
 日本列島だけで考えると植物の多様性はアッタリマ エッ!と思いがちですが、砂漠でも極寒の地でも自然 の中で緑豊かな植物の生育を見ることは不可能です。
と、すれば自然災害も人災も珍しくない昨今の日本 ですが、それでも豊かな緑に囲まれた地域で暮らすこ とのできる幸福は、地球規模で想像すると有難い環境 であることは確かなようです。
          *
 札幌の大通公園は、観光名所でイベントも多く、時 期によっては、白いテント張りの出店が軒を並べ、芝 の緑が視界から消えることも度々です(芝の上に出店が ある訳ではありません)。それでも見上げれば大きな 木々が「葉」を生い茂らせています。
 で、植物の先生は、教えてくれます。樹冠部分の葉 にまで水分を届ける仕組みはどうなっているのだろう か? 巨木であればビルの10階以上の上まで水を押 しあげる装置に匹敵する生命維持システムがあるから 木々も緑を保持している……と。
 樹高が50mでおおよそビルの15階で、国会議事 堂の中央塔で65mだそうです。
当然、地中の「根」もフル稼働しながら、「葉」に 届けるために地中の「水」を掻き集めているのかも?
          *
 幸いにも「新水いぶき」という極上の「水」は、北 海道良水㈱さんが採水してくれて、私たちに届けてくれ ています。「葉月」に因んで2年ぶりの札幌訪問にて。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744