北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

神無月 00056

北海道天然水 2016年 神無月 00056

新水IBUKI通信

「水の威力と羊羹」・・・・・・・・・H・O(札幌市)

 以前(5 2 号の通信)に「小豆」を「新水いぶ き」で煮たところ、おいしい「餡」が出来た報告 を読ませてもらいました。それに刺激されて、私 の父方の祖父母たちが戦後間もない頃に「羊羹」 作りの手伝いをしていたことがある……という幼 児の頃に聞いた記憶もあって「羊羹」作りにチャ レンジさせてもらいました。
          *
 材料の道産小豆(十勝産)は、札幌近郊の長沼 町で産直市をしている知り合いの農家さん経由で 入手しました。そして、水は「新水いぶき」のみ を使用。チャレンジですので、水道水は、一滴も 使わないようにしました。
 結果を先に申し上げますと、「新水いぶき」は 素材の持ち味を一切邪魔をしない……と言えまし た。食素材の本来の「おいしさ」を素直に出して くれる天然水です。
          *
 プロセスを少し紹介。「ゆでこぼし」(アクや 渋みなどを取るために小豆をゆで、沸騰したところで ゆで汁を捨てます)の段階から「新水いぶき」使 用。これは、白米を炊く際に最初の研ぐところか ら「新水いぶき」使用と同じです。
 ザルに残った小豆を今度は弱火で1時間~1時 間半でゆでます。ここでも「新水いぶき」使用。
湯気で水量が減りますので、小豆が空気に触れな いように必要に応じて、湯(これも「新水いぶ き」)を足します。
 ゆであがったところで、水(捨てる水ですので もったいないという誘惑に負けず「新水いぶき」使 用)の中で小豆を漉して皮を除きます。
その後、日本手ぬぐいで絞りますと「さらし 餡」状態のものになり、そこへ砂糖(今回は黒砂 糖)を入れて“こし餡”完成。
          *
 そして粉寒天を水(「新水いぶき」)に溶いて 沸騰させたところに“餡”を入れて、砂糖、塩で 味を調えます。この時の匙加減は、作り手の裁量 になります。OKとなれば、型に流し込んで粗熱 をとって冷蔵庫へ。これで、「練羊羹」の完成。
(家庭での羊羹作りは水分の多い「水羊羹」が普通で す。)とここまで、水道水を一切使わない羊羹の 作り方でした!

 砂糖はミネラル豊富なサトウキビ原料の「黒砂糖」 を使い、羊羹は一日寝かせて味が落ち着いたところで 2センチ幅にして提供。幼児向けには「サイコロ」状 にすると大変に喜ばれるものです。
          *
 さて、食べていただいた方の第一声です。
 「さらっとしていて、仄かな甘味が、上品な味わい になっているねえ。小豆も黒砂糖も強く自己主張する ことなく、控え目ながら旨味は口中にゆっくりと静か に広がるので、落ち着いて味わえる経験をさせてもら えました……これが“幸せな食感”と言うものかも知 れないですねえ。
 皮肉ではないのですが、水道水がどれほど味を損な わせているのかなあ、とも思うけれども、普通はこん な食べ比べは出来ないのだから、こうしたことに気づ かないままに人生を終えるより、せっかくの人生、こ の味を知る機会をもらえて本当によかった。
ありがとう、ありがとう!」
 こんなに喜んでいただけたのは「新水いぶき」のオ カゲですので、お礼のご報告をさせてもらいました。
          *
 補足させてもらいますと、これだけ徹底して「新水 いぶき」を使った羊羹は、地元だから出来たのかも知 れません。ですから、有名店のブランドになっている ものと一緒に論じることは控えたいと思います。
 それでも、札幌に住むことでこうした優れものを一 般家庭でも作れるという「食環境」には、感謝したい 気持ちで一杯です。
 白砂糖を使えば、道内産のビート糖ということにな りますし、寒天も道内産のものを確保できるでしょう から高品質の「オール北海道」羊羹がいつでも実現で きる環境にあるのが北海道なんですね。
 ですので、「新水いぶき」というスグレモノをこの 世に送り出していただいている「北海道良水㈱」さん と関係する方々にも感謝するばかりです。
 どうか、これからも「水」事業を堅実に発展させて いただけるようにお願い致します。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744