北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

霜月 00057

北海道天然水 2016年 霜月 00057

新水IBUKI通信

「水は食材である!」          編集部報告

【料理人の言葉】  日曜日の午後、何気なく「なんか面白い番組な いかなあ」とテレビのリモコンを押していたとこ ろ「信州上田 新和食によみがえる真田一族の戦 い」というイカニモ風タイトル付きで放映中のも のに出会いました。番組名は、「キッチンが走 る!」(NHK)。料理ものです。
この日(10月2日)は9月22日(木)午前 中に放映されたものの再放送でした。
          *
地元の食材を訪ね歩きながら、一流シェフがそ れを美味しい料理に仕立てる展開ですが、類似番 組に事欠かない今の世の中です。
それでも見入ったのは、番組に登場した方々 が、さかんに「」に言及されていたからでし た。昔で言えば篤農家といわれるような農家さん が生産する地元食材を使うところまでは、この手 の番組では普通ですが、ここでは「」にも相当 な力を入れていたことが理解できました。
          *
 で、今の時代の有り難さです。番組について、 インターネットで検索すると聞き逃した、あるい は聞き流してしまったゲストの方々の言葉が文字 で記録されていました。
          *
 その中に、この日の料理人山下春幸さんの言 葉が残されていました。その方はニューヨークで も修行され、海外の技法を和食に取り入れた新和 食というジャンルを確立されたとのことです。
 そして「この水は自分たちにとって食材であ る」と話し、全国から注文が来る野菜農家さんの 育てたキャベツの外側を天然水で茹でて、だしを 採るところから今回の創作料理への挑戦が始まっ た……という経緯でした。
          *
 ここで飛躍しますが、「」を大事にするとい う視点から、「新水いぶき」の誕生した当時に躊 躇わず採用した札幌の「空海」(お寿司屋さん) の親方(ご本人の名刺の肩書き)も米国での寿し握 りの経験者であることと、何度か紹介させても らっているレストラン「ノーマ」の日本進出時に 「新水いぶき」を指名してきたことなどが思い浮 かんだものです。分かる人は分かるのですね。

 「FUKU-FUKUプロジェクト」

10月1日(土)に「新水いぶき」愛飲者の方から 紹介された札幌サンプラザホール(北区北24西5) でイベントがありました。
循環型社会を目指そうとされる個人、企業が企画 し、実行した大きな集まりでした。記念講演に来札さ れた岩元美智彦さんの手がける事業の企画力、実行力 は感嘆もの! 氏は、1964年、鹿児島生まれ。2 007年1月、日本環境設計株式会社設立。
設立時には、資本金が120万円。それから約10 年で環境ビジネスの新境地を拓いて、2015年には 国際的な“アショカフェロー”に選ばれる、というの ですから、世界の人々の選球眼のスゴサも感じます。
          *
 「アショカ」は、1943年生まれの米国・社会起 業家が創設した社会企業支援非営利組織の名。198 1年の創立から、現在は63カ国、2000以上の企 業を支援し文字通りグローバル時代を体現中。
 岩元氏が始めたのは、衣料をバイオエタノール燃料 にするリサイクル技術を駆使するものです。捨てる古 着を回収して、“酵素”で分解して、燃料にも、服に も再生させるリサイクルビジネスを創出したのです。 ゴミとして処分される「服」を資源にすることで、 「福」を生み出す、ということで「FUKU-FUK Uプロジェクト」と命名されているようです。
          *
 以上をご紹介させていただきましたのは、このイベ ントを最初に教えて下さった「新水いぶき」愛飲者の 方との縁の妙なることをお伝えしたく、でした。

「仲間が増えます!」のお知らせ。
「大丸松坂屋」さんの「オンラインショッピング」 で「新水いぶき」の販売が始まりました。
 10月19日(水)からでした。札幌の老舗、千野 米穀店さんが厳選して扱っているお米(道産優良米) とセットという商品もあり、仲間が増えるのは嬉しい ことです。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744