北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

師走 00058

北海道天然水 2016年 師走 00058

新水IBUKI通信

 一年の最後の月、本年も大変にお世話になりま した。感謝申し上げます。皆様にとって新年も良い 年でありますよう心からご祈念申し上げます。
・・・・・・編集部一同


「水の大切さ」~連続的に目にした記事報告

【今日からの新習慣】
 『週刊セブン』(小学館)の2016年11月 17日号に発見。目次(26頁)には「今日から の新習慣 ボケたくないならもっともっと水を飲 め!」138頁……とありました。
有無を言わせないタイトルは、“急げ!“ と いうことなのでしょう。
          *
 「実は体内の水分不足は、認知症と非常にかか わりが深いんです」と国際医療福祉大学大学院の 竹内孝仁教授の言葉を紹介。これを告げられたの が44歳の女性タレントということで、ご本人の 「最近は意識して水を飲むようにしている」とい うコメントも写真入りで紹介。
 教授は「老化とは体内の水分を失っていく過 程」と指摘。『水をたくさん飲めば、ボケは寄り つかない』(「講談社+α新書」2013年刊)の 著者でもあります。
 体内で水分を最も多く蓄えているのが筋肉との ことですから、筋肉量と水分不足が高齢者では繋 がってしまうのですね。
 「水分」の大切さは、若い人でも水分不足にな らないように十分に気をつけましょう、という記 事でした。
【あなたの「体内水」は大丈夫?】  これは『致知出版社の「人間力メルマガ」』 (2016年11月6日配信)で“水”の大切さを 伝えるタイトルです。
          *
 ここでは、心療内科医の森下克也氏を紹介しつ つ、「慢性脱水症」というあまり知られていない 脱水症の存在を教えていました。夏場の「急性脱 水症」は良く耳にしますが、慢性のものは体内水 を滞らせるストレスも関係するようです。因みに この先生の著書は『「うつ」は漢方でなおす - 医師が教える「心と体の不調」の改善法』(PH P研究所刊・2011年)。現在は東京で開業。

 【水は“ブーム”ではなく……】
 ご存知「アクアソムリエ・アクアデミア校長」の山 中亜希さんは、【】に続けて、「一生付き合っていく もの!だからこそ、知ってほしい」と『婦人画報』 (2016年11月号)でメッセージを発信。
 山中校長はイタリア生活を通じて、世界中のミネラ ルウォーターに着目して、お気に入りの水を2種、紹 介しています。
 最初が「日本初の無殺菌・無除菌の《新水いぶ き》」、次に天然微炭酸の《シャテルドン》。前者が 軟水、後者が硬水で、それぞれは東西の横綱というと ころでしょう。
          *
【水、アクア、閼伽(あか)】
 「水」「アクア」までは普通に読んで繋がりも感じ ますが、次の「閼伽」(あか)には? という方もい らっしゃるのではないでしょうか?
          *
 鷲田清一さん、1949年生まれの哲学者で現在 は、京都市立芸大の学長です。その方が、『ちゃぶ 台』(㈱ミシマ社発行)という雑誌風単行本の第2号 (2016年11月発行)で、「アクア」に触れていま す。158頁です。
 「閼伽」と「アクア」は語源が同じで、漢字2文字 は、仏教語で「水」のことだと言うのです。
          *
 これだけでは、音が偶然にも似ていたのだろう、と も言えるのですが、日本語の「旦那」と英語の「ド ナー」は、サンスクリット語にある「ダーナ」に遡る こともできる、というのです。
「自分の一番大事なものをあげる」という意味が共 に含まれているそうです。
          *
 札幌の水、「新水いぶき」は「アクア」の中でも山 中校長が薦めるように、一生付き合っていく飲み水と して一番大切にしたい「水」ではないでしょうか?
 水の重要性を体験からも熟知する方の親切なアドバ イスに思えます。「水」の大切さは、医学からも、言 葉のもとの意味からも私たちに教えていることがたく さんあるようです。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744