北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

睦月 00059

北海道天然水 2017年 睦月 00059

新水IBUKI通信

新年あけましておめでとうございます。

 旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうご ざいました。
 新春を迎え、皆さまのご健康とご多幸を心よりお 祈り申し上げます。
 また、日頃から「北海道天然水・新水いぶき」 をご愛飲賜っておりますこと、心から御礼申上げ ます。

 改正されたミネラルウォーター類の規格基準 が昨年一月から適用されておりますが、中でも、ミネ ラルウォーター類として使用する水は、『殺菌・除 菌なし』の水と、『殺菌・除菌あり』の水の2区分に分 類されております。
 『殺菌・除菌なし』の水とは、殺菌も除菌も行って いない自然の水そのものであり、食品の国際規格 (コーデックス規格)の「ナチュラルミルラルウォー ター」です。
 また、その水の安全性については、コーデックス 委員会で定められた規格を準拠した国内基準によ る源泉の衛生管理も含めた厳しい製造基準が定め られています。
 それらの基準の全てをクリアしなければ『殺菌・除 菌なし』の水として認められません。
 幣社の「北海道天然水・新水いぶき」は、国 内で製造されているミネラルウォーターでは唯 一、行政当局より認められた『殺菌・除菌なし』のミ ネラルウォーターの水として皆様方にお届けさせて戴 いております。

 本年も「自然であるがままの美味しい水」をお届け 出来ますよう、衛生管理・安全管理にも万全を期し て製造してまいります。
 なにとぞ、今後共、「北海道天然水 新水いぶ き」をご愛飲賜りますよう、よろしくお願い申し上げ ます。

平成29年元旦  北海道良水株式会社          代表取締役 新藤 大次郎

「道産食材」に着目する道産子シェフ

 ご存知のように北海道の増毛町生まれでフランス料 理界を代表する三国清三さん、その方の講演が11月 末に札幌でありました。
 会場は満員状態。講演は自らの生い立ちを語りなが ら、地産地消のススメを実践してきていることなどを 紹介されていました。熱い口調で、そしてユーモアと いう美味しいソースをかけながらの体験談入り北海道 への提言でした。
 誰も言ってくれなかったから自分で「世界の三国」 と言うようにしてきたのです、と自虐的なお話もあり ました。が、聴き手の皆さんは、三国さんがフランス 政府から非常に立派な勲章を受けている実績を知らさ れていたので、素直に感心しながら聞き入っていたよ うです。

 「道産子」向けへのリップ・サービスという以上に 「食の王国」の可能性を故郷に見出そうと、北海道観 光大使を務めているからだけではない気持ちは、講演 されている三国シェフの表情に表れていました。
 知人の有難いお誘いもあって参加したシンポジウム でしたが、ほぼ最前列でしたので、演台の遠くで言葉 だけを耳にするのとは違った印象を得たものでした。

 個人的な記憶を辿ると、三国さんが札幌に来られる と立ち寄る三国さんの旧友(U氏)が経営する店があ り、そこで何度かお目にかかったものです。そこは目 立たないことを最優先にしているような良い店です。  そのU氏から聞き及んでいた三国さんのことと、今 回の講演内容を通じて三国さんが長くU氏と交流され てきている背景に「友情」という回路を大切にされて いることを発見したものでした。

 三国さんは子供の頃、増毛で食べていたホヤを通じ て「甘い、酸っぱい、しょっぱい、苦い」の味覚を鍛 えられた……と話されていました。
 「新水いぶき」を通じても“味覚”は鍛えられる、 というか正常な感覚を獲得できるように思える、と三 国さんの講演を聞いた後に思ったものでした。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744