北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

如月 00060

北海道天然水 2017年 如月 00060

新水IBUKI通信

日本茶の美味しい「冬」です。

「新水いぶき」で飲む日本茶、冬という季節は その美味しさを一層引き立ててくれる感じが致し ます。
日本茶についてはあまりに日常的でその良さに 気づかないことも多いと思いますが、外国から やって来た方々が魅力を再発見してくださってい る事実を相次いで知りました。
          *
お一人は、北欧からやってきて日本茶インスト ラクターの資格を取得して、日本茶の輸出に取り 組んでいる団体で仕事をされている男性。
日本茶の伝道師として活躍中ということで、昨 年12月のNHKテレビ【サキどり「日本茶を世 界へ!外国人の伝道師」】で紹介されていまし た。(12月18日・日・午前8時25分~57分) この男性、自らも外国に出向いて日本茶の普及 を図る一方で、海外から来日する方々を静岡や京 都の茶畑にご案内。他の国では味わえない日本茶 の魅力を熱心にアピールしていました。
          *
もうお一人は、1964年にフランス・リヨン で生まれたワインソムリエでもある男性。28歳 の時に来日して紅茶専門店に勤めた後、2005 年から自らの店を開き、日本茶をワインのように しても楽しめるドリンクとして国内外に広めてい る方。「スタイルアサヒ」(2017年1月号:発 行=朝日新聞社)に登場されていました。
          *
お茶は、「葉」も「入れたお茶」も、目で最初 に愉しみ、次に香りを楽しむまでは、ごく普通で す。この方はその一歩先を切り拓いていました。
パーティでアルコールが駄目な方向けに「冷し た日本茶をシャパングラス」で提供するなど、華 やかさの演出というアイデアを生み出していたの です。
発想の違いが、これだけ新鮮なお茶の取り扱い 方を創出していたことになると驚きました。
          *
同誌では別の日本人の日本茶インストラクター が、伝統的な日本茶の扱い方、王道を紹介。
披露されているのは、「おいしい煎茶」の入れ 方。煎茶・深蒸し茶・玉露・茎茶・ほうじ茶・番 茶と日本茶にもそれぞれ特性がありますが、

1煎目=「うまみを楽しむ」 2煎目=「香りを楽しむ」 3煎目からは「産地(畑の香り)をイメージする」 という味わい方の段階もあるようです。
          *
そこで大事なのは「急須」と「水」。
急須は手になじむ使いやすいもので匂いのしない清 潔なものであること。そして「水」は、当然のことな がら「軟水」がお奨めということです。
本通信の読者の方々であれば、「新水いぶき」が最 適であることは先刻ご承知ということになりましょう か。
          *
以上、「日本茶インストラクター」の資格をお持ち の方々やワインソムリエに学んだ薀蓄の一端をご紹介 させていただきました。

山梨発の健康スーパー

 健康的な食生活を提案するスーパーが山梨県で熱烈 ファンの支持を得ている、とテレビ番組が取り上げて いました。昨年11月17日放映の「テレビ東京『カ ンブリア宮殿』」でした。
安さを訴えるスーパーではなく、「減塩」「糖質 カット」「無添加」「国産」「合成着色料なし」など を地域の食品メーカーとも協力しながら「美味安心」 商品(決して安くはない)を提供して県内に十数店舗も 展開中のローカルスーパーということです。
「未来を担う子供達のために」国産小麦によるプライ ベートブランドのお菓子類なども60種類以上、とい うのですからスゴイ。
          *
話題が脱線するようですが、子供達に良いものを提 供しようという意気込み、子供達にとっては、そうし た大人たちに見守られてきたことに気付いた時、勇気 を得るのではないでしょうか。
          *
「新水いぶき」も北海道(札幌)発の健康な食生活 に貢献していることを山梨のスーパーさんからも教え られた気がしているところです。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル6階
電 話:011-205-0755
FAX:011-205-0756

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744