北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

卯 00062

北海道天然水 2017年 卯月 00062

新水IBUKI通信

新年度という節目

 「新水いぶき」の当初よりの理解者である方が 理事長を務める私立高等学校の卒業式に参列させ てもらいました。
 良い意味での“型とおり”の流れで式は順調に 淡々と進行していき、壇上での証書授与も終わ り、「蛍の光」も歌い終わり、卒業生退場という 場面になりました。
 退場の時には、学級担任が先導することになっ ていて、卒業生たちの前に立って、着席している 生徒たちに起立を促そうとした時です……万感胸 に迫るものがあったのでしょう、天を仰ぐように してしばし空白の時間が生じました。
 生徒たちの方が冷静で「先生、しっかりして よ!」というまなざし。時間にすれば1~2分程 度だったと思いますが、練習してきたであろう指 示を生徒たちは待っていました。
          *
これには、来賓席の方々も参列している父母の 方々も予期せぬ「感情」を共有することになった ようです。そして、予定になかった「間」が、 「感動」を式場にもたらしたように感じられまし た。
後で教員として先輩にあたる方々のお話から、 この日、担任にとっては、初の卒業生を送り出す 大きな節目だったことを知りました。
          *
そして、4月。
新しい年度が始まるこの月にも予期せぬ「感 動」が、あちこちで体験されていることと思われ ます。その一つです。
「新水いぶき」を徹底的に使う……というのも ヘンな表現ですが、要するに「水道水」を一滴も 使わないで作った「餡」を使用した和菓子につい ての評判をお伝えします。
          *
「新水いぶき」を愛飲されている方のところで 十勝産の小豆を最初の洗うところから「新水いぶ き」を贅沢にも使用。
その結果、その「餡」を使用した「さくら餅」 も「うぐいす餅」も「いちご大福」も食した方々 の感想は、いずれも「美味しいね、さらっとして いて風味があって、また、食べたいね。」という ものでした。

 この反応は、お世辞の割合を見積もっても自信を もって大丈夫なのでは? と思わせるものがありま す。これこそが「新水いぶき」の「実力」ではないで しょうか?
 「新水いぶき」100パーセントの和菓子を食べた 方からの感想が、後日、古本と一緒に届いたそうで、 見せていただきました。
          *
 玄人はだしの自家製和菓子、ありがとうございまし た。可能でしたら、そちらの出来る範囲内で結構です ので注文をさせてもらえたら嬉しいのですが……  参考になるかも知れないので、こうした“純”天然 素材を扱う上で役立ちそうな老生の尊敬している生命 科学分野の学者さんの一般読者向けの新書(既読のもの で恐縮ですけれども)を差し上げます。
          *
 本(「生命(いのち)のバカ力(ぢから)」村上和雄著・ 講談社α新書;2003年刊)の221頁に付箋があって

……人間は論理や理屈だけでは本当には動きません。 「感動」という言葉はあるけれど、「知動」という言 葉はありません。感じたから動くのです。

……とありました。この方が同書を購入された際のレ シートも栞代わりに使っていたのでしょうか、「MA RUZEN・お茶の水店」03年11月というものも 挟まっていました。
          *
 村上和雄教授と言えば、「サムシング・グレート」 という言葉、考え方を広めた筑波大学名誉教授として 有名ですが、1996年には日本学士院賞も授賞され ている理系の方だけに説得力も増すというものです。
          *
 「新水いぶき」と言う札幌産出の天然水もまた「サム シング・グレート」(「偉大なる何者か」の意味として) の系統にあるような気がするので、4月、新年度に因 んでご報告させてもらいました。
 18歳まで元気に育ってきた、育てられてきた冒頭 で紹介した高校の卒業生も新しい次の社会で活躍して もらいたいと思うところです。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:北海道良水(株)本社に変更になりました。
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
 「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局

【商品についてのお問合先】⇒ 北海道良水㈱
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744