北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

水無月 00064

北海道天然水 2017年 水無月 00064

新水IBUKI通信

【初めて知るお水です!】
             札幌市 M.S氏

 散髪に(にも、と言った方が正確です)関心があ まりないこともあって、髪がソロソロでは?と言 われてから出向くような日常ですが、通っている うちにたまったスタンプの数で1回無料というこ とになりました。
 お店側のサービスでしょうけれども、気が引け ることもあって自宅にあった「新水いぶき」を3 パックほど手土産にしました。
          *
 「札幌の天然水です」と言って手渡すと若い理 容師さんは、ビックリした表情でしたが、「初め て知るお水です!」と素直に受け取ってくれまし た。そして、ここからは、こちらがビックリする お話でした。
 「私、お水にはウルサイ方なんです!   実家は稲作農家なんですが、家には井戸も   あったものですから硬水は苦く感じられて   ダメなんです。
  天然水もいろいろありますよねえ。
  でも、これは初めてです。
  スタッフと一緒に飲ませてもらいます。
  ありがとうございました!」

 さらに農家ご出身ということから、水道水のこ とに関しては、「もみ」の発芽を促進する際に使 用する水は井戸水に限っている体験談も披露して くれました。

それからほぼ1ヵ月後。
 「この前のお水、美味しくいただきました!  札幌にあったんですねえ~あんなに美味しい  水が。一つ賢くなった気がします。」
 と、満面の笑みでご報告してくれました。  このように少しずつ、「新水いぶき」を知って  くださる方々が増えていくことは、嬉しい話で あります。
          *
 ついでに米に関して。無農薬・無肥料という高 級米が高値で流通している昨今ですが、水もまた 無殺菌・無除菌が本来の天然水としてもっと一般 化する日がやってきていると思う最近です。

「天然だし」と和食と「水」

 和食がユネスコの無形文化遺産に登録されてから数 年経ちましたが、和食の基本になるのが、「だし」。
さらにその「天然だし」の代表になる基本味は
  ① 甘み ② 酸味 ③ 塩味
  ④ 苦み  ⑤ うまみ
ということになります。
 素材としては、「コンブ」「かつお節」「煮干し」 「干ししいたけ」ですが、ここから「うまみ」という 領域を発見したのが、約100年前の日本人。
 当時は東京帝国大学と言っていた東大教授だった池 田菊苗博士が、昆布の成分を研究して、その中心がグ ルタミン酸ナトリウムであることを突き止めた、と言 われています。
 この発見された「うまみ」という味、海外ではなか なか認知されなかったそうですが、いまや「UMAM I」として辞書に載るまでになっている出世ぶり。
          *
 「新水いぶき」を愛飲される方々は、すでにご存知 のことでしょうが、天然素材を【煮る】時に使用する 「水」に気をつけていらっしゃるものと思います。
料理人の方々は気づいている様子で当然、水に着目 されている話も耳にいたします。
          *
 4月も末でしたが、猫大好きという方々を紹介する NHKテレビ番組の再放送を偶然に見ました。解剖学 者の養老孟司さん、作家の角田光代さんの猫好きぶり をたっぷりと映し出していました。その角田さんは、 新聞記事のコメントで「だし」を日本人のソウルフー ドと言い切っていたことを覚えています。
          *
 角田さんは、お昼は自作お弁当、夕食もご主人の好 みもあって和食を作ることが多いというだけに人の営 みを描くことと食べることの一致は自然なようです。
 だからこそ料理に「魂」(ソウル)を見つけているの でしょう。
 ここに「天然水」も入るとより強固な日本人の魂に なるなあ……と猫大好き作家さんを眺めていました。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:北海道良水(株)内
 「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局

◆【商品についてのお問合先】
北海道良水株式会社 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00