北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

文月 00065

北海道天然水 2017年 文月 00065

新水IBUKI通信

【書体と水】 兵庫県 T.N 氏

「新水いぶき」を知人に贈ったところ、大変に 喜んでくれたのは何よりでした。
そして知人とその奥さんの感想に今度はこちら が納得。その報告として、知人(+奥さん)の語 りの概要を以下に。
……話には聞いていたけれど、味について家内も 「本当に美味しいね!」と意見が一致したもので す。こんなこと数年ぶりです。家内は「美味しさ に品があって、まるで明朝体のようね。」と言っ たのです。
もともと、時々ヘンなことを言う家内ですが、 この比喩には、こちらが?でした。 明朝体って、①細い横線、②太い縦線、③横線 の右端の三角が特徴です。あの三角、「うろこ」 というそうです。
新聞も書籍もほとんどがこの書体ですが、この 書体にも実に多くの親戚、仲間がいることをPR 誌で知りました。家内が貸してくれたのです。
          *
雑誌は書店のレジカウンターに置かれている無 料本ですが、その中に活字をめぐる講演記録が収 録されていたのです。
家内にとっては、その記録を読んだのと「新水 いぶき」が届いたタイミングが、偶然に重なった 事情もあったことになります。
私も興味をもって読んでみたのですが、明朝体 にも30種類の微妙な違いが分かるように一覧表 になっていて、解説付き。人気ランキングまで表 示されていましたが、読むと、この国で一番使わ れている書体が、日本の文化、文明を伝えている 「天然水」のようだと思いました。歴史の生命を 支えているとも言えます。
          *
なぜなら、「飽きがこない」「使用範囲が無限 に広い」「他の飲料食材の基本になっている」こ となど、確かに明朝体と天然水は似ています。 家内の言うように縦も横も同じ太さの「ゴシッ ク体」や毛筆の柔らかさを感じさせる「教科書 体」で長文を読むのはツライものがあります。 そこで「品のある飲み飽きない天然水」として の「新水いぶき」と「明朝体」は、長い人生生活 を送る点で不可欠。……と言う結論でした。

【子どもと水】

ちょうど1年前、本通信(53号)でも少し触れま した北海道の道南で小学2年生の男の子が、迷子に なって捜索、発見までに6日間を要した事件がありま した。
男の子は「水」を飲んでガンバっていた事実と無事 だったことが報道された時は、誰もがホッとしたもの でした。
「命」と「水」、家庭教育のこと……など、子ども の育ち、生きていくことの基本を教えてくれ忘れがた い出来事でした。
          *
その子どもの育ちについて、先日、ある光景を目に しました。
場所は「新水いぶき」を生産している札幌市清田区 の北海道良水(株)さんの本社があるエリア内の「札 幌清田バッティングスタジアム」でした。
スタジアムのロビーに小さな兄妹が父親のバッティ ング終了を待っていました。兄の方は、子ども用の バットを手にしていましたので、親子で野球を楽しん でいるのでしょう。いずれ、妹もバットを振るのかも しれません。
          *
20年も続いているバッティングスタジアムですの で、昔、そこに通っていた少年たちが父親になって子 どもと一緒にやってくる光景は珍しくないそうです。
地域に息長く存在する「スポーツ施設」がある、と いうことは、そのまま家族形成という物語が育ってい ることになるのですね。
          *
地域の宝は、そこに住む人たちが主役となって発掘 され、磨かれるというプロセスのあることを教えてく れるロビーの風景でした。
その主役さんたちも行動、活動をする「舞台」が あってこそ、能力を生かし、力を発揮します。 そうなると舞台を支える人たちの仕事ぶりも「宝」 の成長に非常に大切な役目を果たしていることの理解 も深めてくれるロビーの幼い兄妹でした。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:北海道良水(株)内
 「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】
北海道良水株式会社 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00