北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

葉月 00067

北海道天然水 2017年 神無月 00068

新水IBUKI通信

【手拭い&新水いぶき】
          札幌市 H.Mさん


「新水いぶき」を大切に使って料理を作られてい る方が、和菓子の「餡」をつくる時に欠かせない のが日本手拭いなんですよ!と話していたのを思 い出すエッセーに出会ったことのご報告です。

話は遠回りしますが、お許し下さい!

 札幌の“純”民間財団が主催された一般市民向け を意識した9月の講演会。講師(理学博士の桜田一 洋さん)の人柄、研究領域などを平易に伝えるため に用意された「RIKEN NEWS」(No.432 June 2017)という薄い冊子。
 その中に講演者が取り組んでいる研究についての 対談が掲載されていました。「人工知能で個人に最 適な予防・治療を実現する医科学イノベーションハ ブ推進プログラム」というタイトル。
          *
 何とか読めた?かなと思われる部分だけを拾う と、「早期治療や予防の重要性を再認識」するとと もに「社会の高齢化とともに増え続ける医療費の問 題を解決するためにも個別化医療を実現して、その 人に効く薬だけを投与できるようになれば費用を抑 えられます。」ということです。
 話題は早く実現してもらいたい健康への道を明る く照らすものばかり。例えば、疾患の共通原因とな る慢性炎症にも「心的ストレス」「身体的ストレ ス」の2種類があり、そこには遺伝要因、環境要因 の違いもある……という仕分け方です。
 心的なものには「環境的ストレス~リズム障害、 睡眠障害」そして「社会的ストレス」。
 身体的なものには「感染症、障害、運動不足、過 食、老化」が挙げられています。
それらをAIによるデータ解析を駆使しながら解決 しようということです。
          *
 先端科学を理解するには、あまりにも“ド”素人 のため読み疲れたのですが最終頁の「一枚の布き れ」についてのエッセーがエネルギーを注いでく れました。日本手拭いが大変に素晴らしいもので あることを“科学的”にも、“文化的”にも平易 に説かれていて、まるで「新水いぶき」の存在み たい!と思ったからです。

「日本手拭い」って、落語家の高座での小道具に なったり、祭の時のねじり鉢巻きにも使われる古来か ら伝わるものです。ハンカチでもなく、タオルでもな いけれど、そんな風にも使える万能選手です。
 特徴的なのは、端っこが切りっ放しになっているこ と。これには科学的にも証明された価値がある、と説 いていました。
          *
 「水は比較的大きな表面張力を持っているので、布 地の端が分厚いと滴がなかなか離れてくれません。」 そのため、「昔の人は布地の切り方一つでぬれという 現象をうまく制御していた」というのです。
          *
 つまり、最初に紹介した「餡」づくりの方も、伝統 的に和菓子職人さんたちが使用し続けてきた日本手拭 いにも科学的根拠があったわけです。
 煮た“道産小豆”を日本手拭いで包んで、「新水い ぶき」の入った容器の中で揉み洗いしていくと「さら し餡」になり、それに砂糖を加えて「こし餡」が誕生 します。使い終わった日本手拭いは、次回に備えて水 洗いをして干すのですが、この時、切りっ放しの端っ こが乾燥時間の短縮に貢献していることになります。 技術の継承に先端科学の裏付けが隠れていました。
          *
 ここで「新水いぶき」の古来から伝わる天然水とし ての魅力にも気づいたのです。
 「無殺菌・無除菌」こそがホンモノの天然水でしょ うし、それも食品としての国際規格(コーデックス規 格)という科学的な検査基準をクリアしている品質の 水が札幌から生まれているのです。
 ついお国自慢したくなりますが、それは本号で紹介 した科学者さんたちの冷静かつ知的な佇まいの前では 恥ずかしいふるまいになるので止めます。
 「新水いぶき」を愛用して「餡」を作っている方が 「新水いぶき」で作ると「雑味」がないんですよ!素 材の旨味を邪魔しない、とも言えます。それと日本手 拭いですね。……と笑顔で話してくれましたことをご 報告させていただきました。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00