北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

霜月 00069

北海道天然水 2017年 霜月 00069

新水IBUKI通信

【やっぱり!自然の水】
          函館市 J.M さん


 自然栽培の野菜やコメへの関心が以前よりも高 まっていることは、そうした農産物を専門に取り 扱うビジネスが成立していることを通じて教えて くれます。
 農薬とか除草剤とかまでは、それらに対して批 判的な視点からの疑問にウンウンと頷く人も多い でしょう。けれどもさらに一歩進めた有機肥料ま でも使わない……となると、そこまで徹底? と 驚く人は少なくないのではないでしょうか。 肥料という栄養分まで否定するようで何か常識 を否定されたように感じるかも知れません。
          *
 でも、栽培に手間はかかるけれど、人間のカラ ダに良いものを届けようとすれば、より自然に近 いものを摂ることを最優先にする生産者が登場し ています。そうしたものを作ること、そして求め る人に届けることに喜びがあって、手間暇はちっ とも苦痛にはならない……という生産者が少数派 でしょうけれど、確実にいてくれます。
そのおかげで自然栽培の農産物が入手できるわ けです。
          *
 目まぐるしいほどに変わる食料品、食材の世界 ですが、それらは主として加工品の分野です。 そんなご時世にあって自然栽培による野菜に徹 底的なまで追求して販売することで30年を超え たお店があります。
 創業者は、河名秀郎さんという58歳の方。 一度、札幌でお会いさせてもらったこともある 方ですが、9月の全国紙の夕刊で大きく取り上げ られていました。「eco 活プラス」というシリー ズものの記事でした。(朝日新聞・9月19日) この中には、「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋 則さんの関係のお店も紹介されていました。
映画にもなった方ですので、ご存じの方も多い ことでしょうけれど、その随分前に大勢の方々と の席でご一緒させていただいた思い出が蘇った記 事でした。
 10年ほど昔に農業専門誌で自然栽培の特集が

 あった頃から今につながる動きが顕在化してきた、と 河名さんの体験談です。
東京の結婚式場のレストランでもメニューに自然栽 培ものを積極的に取り入れているそうです。
その河名さんの始めた「ナチュラル・ハーモニー」 さんでは、随分前から「新水いぶき」も取り扱ってい ることをお知らせ申し上げます。
          *
河名さんも木村さんご夫妻も、実直な方々という雰 囲気を身に纏っていたように記憶しています。

【最後の望み?】

 「人生充実」のための“Reライフ“を高齢者向けの 新聞記事として掲載されたものの中に頬の緩むものが ありました。人生の最後に味わいたいものは?という 企画に応じた読者からの回答です。

 死ぬ前日まで酒を飲み、たばこも吸った亡父は「水 がほしい」と安らかに亡くなった。私もおいしい水を (神奈川県・男性・50才~54歳)

 父を看取った息子さんの穏やかな気持ちが伝わって くる回答です。
 そして、特集のメインとして登場された札幌の64 歳の女性は、「母思い出す 幸せの赤飯」ということ で小豆の煮汁で染まる淡い色の赤飯をあげて、ご自身 の写真入りで登場されていました。市販の濃い色の赤 飯ではなく、ということです。

 これも「自然」志向の表れのように読めました。そ して、小豆を煮る時には、天然水の「新水いぶき」を 使われているのかどうか、そこまでの解説はありませ んでしたが、札幌在住の方であれば、使っている可能 性もゼロではないかも知れない?……と思いながら読 んだ記事でした。(朝日新聞・2017年10月8日 付・15面)

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00