北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

霜月 00070

北海道天然水 2017年 師走 00070

新水IBUKI通信

【この水は・・・・・・】
          札幌市 K.S さん


ある事情から「星の王子さま」を読みました ら、水の大切さを説く場面に出会いました。

 事情とは、お付き合いからある集まりに出向く 必要があったのですが、待ち時間があるなあ…… と思い、時間つぶしに一番、かさばらない薄い文 庫本を、ということで手にしたのが「星の王子さま」 だったのです。

 サンテグジュペリ(1900年~1944行方不 明)というフランスのパイロットが書き残した作 品は、有名な落語家がテレビ番組で自己紹介に頻 繁に枕詞のようにして口にしていたものです。           *
 ポケットに忍ばせていった会場では、開場まで の待ち時間があり、1945年北海道生まれの作 家の池澤夏樹さんの訳による「星の王子さま」を 初めて読むような気持ちで文字を追っていったと ころ、冒頭のようなことになったのです。
 そこの部分です。

 ……この水は身体を養うだけのただの水とは違 う。星空の下を歩くことと、滑車のきしみと、ぼ くの腕の力仕事から生まれたものだ。だから何か 贈り物のように心に利くのだ。……

【心に利く】水、とはなんとも言い得て妙でし た! そうです! 「新水いぶき」も同様に思え たのです。  前号では、「ナチュラル・ハーモニー」さんが この「新水いぶき」を取り扱っていることを教え て下さっていましたが、自然により近い状態での “良品”に巡り合う機会も多くの方々の連携、協 力があって私たちの手に届いて、口に入るプロセ スを再確認するような気になった記述でした。           *
 そんな時でした。今度は【心に利く】講演を聞 く機会を得たのです。それは右の欄で……。

【若い人に育ってもらいたい!】

 札幌で、北海道でこの方が創業された会社を知らな い人はほとんどいないかと思いますが、先日、創業か ら今日に至るまでの約半世紀の過程を45分間のス トーリーとして、初めてナマでお聞きする機会を得ま した。
 「北海道の未来を拓く会」という地域の発展を願う 人たちが集まる11月の定例会での講演でした。 当日、用意された資料の一つに「日経ビジネス」 (2017年9月11日号)の「有訓無訓」という1頁 ものに登場された土屋公三さん(土屋ホールディングス 創業者会長)の談話記事もありました。

 講演では、北海道で初めて東証2部に上場したハウ スメーカー、というだけも見事な経営者という評価が 成立するのでしょうけれど、そうなるまでのご苦労や 企業として成長し続ける主役に社員たちの成長がある ことを経営のコア部分から披露されていました。

 講師の土屋さんは、1941年札幌市生まれ。札幌 啓北商高校卒業後、不動産会社勤務などを経て69年 に土屋商事を創業……という経歴を通じて、これから の時代を生きる若い人たちに育ってもらいたい気持ち を縦横無尽に自慢話に陥ることなく、平易な言葉で語 る経営者でした。
 キーワードを抽出すると、3KMプログラムの実践 のススメでした。
 それは「個人」(こじん)「家庭」(かてい)「会 社」(かいしゃ)の経済(けいざい)・健康(けんこ う)・心(こころ)の頭文字の“K”、目標(M ark)、管理(M anagement)、意欲(M otivation) を 日々、大切にすることで社会で関わる人々との結びつ き、交流の深さが発展することを分かりやすく説いて くれるものでした。
          *
 「新水いぶき」を愛飲されている方々もこの3KM を知らず知らずのうちに実践されているようにも思え た講演でしたことを土屋さんへのお礼も含めてご報告 させてもらいました。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00