北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

卯月 00074

北海道天然水 2018年 卯月 00074

新水IBUKI通信

◆「新水いぶき」と「タオル」のお話 ◆

 「新水いぶき」をご愛飲いただいている方から 教えていただいた話題です。

 小池一子(こいけかずこ;1936年生)さんと いう方が、新聞のエッセーに書かれていた「タオ ルは肌ざわりから」(*朝日新聞:2018年2月 10日付・Be版)の内容は、「新水いぶき」にも 共通するように思いますヨ! とお電話をいただ きました。

 小池さん? って誰? と無知をさらす当方で したが、調べると、大変な方でした。現在は、十 和田市現代美術館館長というお仕事もされていま すが、1960年代から有名百貨店の仕事を、さ らに1980年には「無印良品」立ち上げに深く 関わった方でした。美術展の企画も数多く手掛 け、1988年には美術大学の教授に就かれてい ました。

 その小池さんは、70年代に出会ったヨーロッ パのタオル地に目を開かれた……とのことです。
 そして、飾ることなくご自身が「戦時の子供だっ た私には」雑巾に近くなった薄い木綿の日本手拭 いとの落差がタオル作りに参画させた、というお 話を書かれていました。ここからです。

 良質のコットン素材を追い求めていくと、オー ガニックコットンに行き着き、有機や自然栽培の  ものを選ぶことに。それは自然だったのです。
先月号の小紙をお読みの方々には、もうお分か りでしょうけれど、「新水いぶき」も、そのよう なプロセスで選ばれていることを耳にすることが 増えています。

 日常生活を大切にするある伝統的な主婦の方々 の集まりがあるのですが、そこで食の素材を探求 し、皆さんが自家製のものを持ち寄ったところ、 「新水いぶき」で煮炊きした食材が大好評だった ということでした。「どうして違うの?」という 当然の質問もあり、その答えは「水」ですね…… となったそうです。
 無論、その水は「新水いぶき」でした。確かに 小池さんの「タオル」の話と酷似しています。

【水道水】について

 ある方からお聞きした「水道水」の話です。 かいつまんでお伝えさせてもらいます。コトの経緯 は以下のような流れです。

「精神のなかに、わずかでも糖分がなければ人間は一 日も生きられない。」とある編集者(S氏)の講演記録 のようなものを教えてくれる高齢の方がいて、気の利 いた表現は、さすが大手出版社の月刊誌で力を発揮し た方らしいと感心したものでした。
          *
 そこへ知人からの事務的な質問への返事ついでに 「貴殿の場合は、糖分は何にあたりますか?」と付け 足したところ、
「お酒です!」と明快なご返事。
「分かりやすくて、良いですね!」とさらに返信申し 上げたところ、
「それと、自分一人の時は、水道水は飲みません!」 との追加説明がありました。
          *
オヤ? と思い、機会があればもっとお話を聞かせ て下さい、とお願いしたところ、用事のついでにと立 ち寄ってくれました。
 「いつから、そうした生活ですか?」とお聞きする と、20代初めからとのことでした。10年以上昔か らになるそうです。
 さらにミネラルウオーターに関しても当然ながら詳 しく、「ノーマ」のこともご存知でした。
 「テレビっ子」ですから……と「ノーマ」の東京出 店についても知っていました!
          *
 そこで「新水いぶき」のことを伝えると、早速、メ モをとって、「家に戻ったらゆっくりと調べますね」 と再びにっこり。
 精神のゆとり、というのか、“精神の糖分”という キーワードから、予想外の展開があった「天然水」に 関する話でありました。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00