北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

皐月 00075

北海道天然水 2018年 皐月 00075

新水IBUKI通信

◆「水」と「生命」 ◆

 生物学者の福岡伸一先生の書かれるコラムは、 ジャンルを問わず大変に面白いのですが、最近で は「水」の分子構造(+と−)から樹高100mの 木が地下から水を吸い上げて梢に届く説明をされ ていました。
 読みながら自然はどうしてそんなことが出来て いるのか? 改めて植物の「生命力」に感心した ところでした。
          *
 そんな時に知人が脳の検査をした話を聞かせて くれました。
 「ちょっと耳の辺りに時折、痛みがあったりす るのが気になったので……」
 という程度のことだったようですが、自宅近く に開院したクリニックに出向いたところ、 「念のためにMRIで検査しましょうね!」 と言われるままに。
 「それでどうなったの?」 と野次馬根性を発揮して聞いたところ、約20 分間の検査結果は、
 「大きな問題はないようなので1週間ほどこの 漢方薬を飲んで様子をみて下さい。」
 となったそうです。  おかげで脳の血管の状態が理解できたとのこと でしたが、年齢の割にはキレイだったと自慢気。
 「通常、一言多い君が珍しく素直に院長先生の 処方に従ったんだねえ~」
 とヒヤカスと、  「前から先生が“漢方”への造詣が深いことと 同時に“新水いぶき”の良き理解者であることを 知っていたからね。町内会の集まりでそんな話題 が雑談中にあったことを覚えていたんだ!」 ということで2回目の自慢話でした。

 「生命」を支えている「水」と、MRIという 現代医療の最前線にある医療機器が、知人の神経 系の小さな痛みを解決することになったよう です。
 ついでながら、「神経」に限らないのですが、 『まんが 人体の不思議』(ちくま新書;茨木保 著;2017年5月刊)という新書をご紹介しま す。医師にして漫画家という“二刀流”の著者の 分かりやすい新書なのです。

【臨床医+プロの漫画家】という二刀流

 左欄で登場いただいた「新書」の著者は、1962 年生まれの臨床医さん。大阪生まれ、奈良県立医科大 学卒業、1989年に京大ウイルス研究所研究生に。 発がん遺伝子の分子生物学的研究に携わる傍ら、週刊 ヤングジャンプ増刊号にSF短編を発表し、プロデ ビュー。
 診療を続けながら、漫画、イラスト、テレビ番組制 作の協力など、マルチな方のようです。著書は他にも ありますが、今回のものはそうした土台もあってのも のなのでしょう。二刀流の優れ者は、ここにも!
 因みに全体構成、つまり目次を列挙いたしますと
第 1章~細 胞 第 2章~消火器
第 3章~血 液 第 4章~循環器
第 5章~呼吸器 第 6章~泌尿器
第 7章~内分泌器 第 8章~神 経
第 9章~感覚器 第10章~生殖器


 となります。「体」の「しくみ」を描いた(漫画形式 +イラスト)本で「書いた」のではないところがミソ。 「しくみ」を「つくり =構造」 ☞ 解剖学
      「はたらき=機能」 ☞ 生理学

 と、明快に分けながら基礎医学と臨床医学を繋げよう と試みる漫画です。登場する人物(医師+看護師+飼い 猫)のヤリトリが、通常難しいとされる医学の世界を 読み解いてくれます。
          *
 「新水いぶき」の美味しさも、製造(つくり)・機 能(はたらき)から「生命」に貢献していることを今 後もお伝えできれば何よりです。
 75号という区切りの良い号数ですが、改めて今後 ともご愛読下さるようお願い申し上げます。
◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00