北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

水無月 00076

北海道天然水 2018年 水無月 00076

新水IBUKI通信

◆「ノーマ」と…… ◆

 以前にも「デンマーク」のレストラン「ノー マ」が東京に期間限定(2015年・マンダリン オリエンタル 東京)で進出した際、「新水いぶ き」を使用したいので供給は大丈夫でしょうか? という事前調査のあったことはお伝えしました。
そして、先方の希望に応えることが出来たのは、 札幌が素晴らしい天然水を産出できる自然環境に あることを誇って良い事実でした。
          *
 その「ノーマ」を以前にも紹介していたマイケ ル・ブースさんが、最近の「ノーマ」の動きを エッセーで書かれていました。ブースさんは、英 国・サセックス生まれのジャーナリストで、日本 贔屓であることを隠さない著書を数冊出版してい ます。NHKテレビでアニメ化された事もあり。 日本ファンの外国人が増えて、日本に興味・関 心を高めて来日してくれるのは、人口減少が進む この国にとって大変に有り難いことでしょう。
          *
 「ノーマ」を伝えてくれた著者が伝える今の 「ノーマ」は、進化したことを分かりやすくする ためでしょうか、「ノーマ2.0」と表記してい ます。
この10年、世界に影響力を与えてきたノーマ でしたが、そのパワーに陰りが生じたのか、20 17年2月には閉店。
そして、1年以上も閉店した後、新たにスター トさせた店で提供されるランチには、日本の影響 があちこちに見えるとブースさんは紹介していま す。オープンした日の週に席を確保できたことに 感謝しながら、ノーマの新しさを知らせてくれて います。
それは、生の魚介、昆布のソースで食べるイ カ、タラの頭の部分の炭火焼などなど冬のメ ニューに、夏は野菜がベース、秋はジビエを…… と季節を配慮しているそうです。
「日本ほど濃やかな手法ではないが」としつつ も高く評価していました。
ただし、ドリンクなしで375ドルは安くない が、スタッフの数や屋上農園や麹の醗酵室まで備 えていることから理解を示しているブースさん。
価格競争ではない世界を切り拓くところに 「ノーマ」の真骨頂があるのでしょう。

【自然の環境を最優先】

 5月1日、皇居で毎年恒例の「御養蚕始の儀」が あったことを同日の夕刊が伝えていました。
 1914(大正3)年に建てられた養蚕のための施設 は、木造2階建てで明治以降、皇后が受け継いできて いる伝統としての作業をされる所とのこと。

 昔の工程で飼育する蚕は、3種類で12万~15万 頭、空調設備、人工飼料を使わず、作業(桑の葉を与え ることや、ワラで器を編むなど)もほぼ素手で行われ、皇 后さまも一生懸命に取り組まれていると報道されてい ました。
 退位も近づき今年が最後の養蚕にいそしむ姿、とい うことなのでしょうか、写真は素手で蚕を掬う皇后さ まを写していました。
 宮内庁関係者の言葉として、ここまで継承されてき た背景には、「古いものを残したい」という思いと 「日本の近代を支えた養蚕業を守り続けている人々へ の共感と、伝統をつなぐ者でありたいというお気持 ち」でしょう、との解説をつけた記事でした。
          *
 「新水いぶき」という天然水も、日本古来の水を大 事にする製造者、採水者がいてくれるおかげ、と言っ ても良いのでしょうが、あまりこれを強調すると困惑 するかも知れませんので、ここは素晴らしい道産子が いてくれた一つの証明になります……ということで終 えます。
 もう一点、配達をする運送業者さんのおかげもあり ます。単に流通業というビジネスでしょ!と言い切っ てしまっては、いささか社会の仕組みなり、そこに関 係している働く人たちへの感謝の念というのでしょう か、そうした想像力が不足かな?とも思います。
          *
 殺菌も除菌も必要としない天然水を存在させること も、ある意味で日本人の誇りとして良いのでは?と 思ったものです。「皇后」さまと「蚕」のお話から閃 いたお話でした。
◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00