北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

文月 00077

北海道天然水 2018年 文月 00077

新水IBUKI通信

◆「夏です。水です。健康です。」◆

暦的には、一年の半分が過ぎ去っていきました が、折り返し点ともいうべき7月は暑い日が続き ます。
 水分補給を大切に……とテレビのお天気情報な どでも強調されることが増える季節になりまし た。暑いから自然に「」にも親しむ機会が増え ますのも、カラダがごく自然に求める正常な反応 と思います。
          *
 と、ここで1941年生まれのお医者さんの本 が、目に止まりました。5年も前に出版されてい た新書で、今頃知ったというのは、「遅すぎるん でないの?」と言われても仕方がありません。
 今年になって入手しましたが、2018年1月 に「第5刷」と奥付にありましたので、コンスタ ントに読者を増やしている本なのでしょう。

 タイトルは「水をたくさん飲めば、ボケは寄り つかない」(講談社+α新書)、著者は竹内孝仁 さんという医学博士。1973年から特別養護老 人ホーム(特養)にかかわり、オムツはずし運動 などを展開し、80年代から在宅高齢者のケア全 般にかかわってこられた先生です。豊富な現場体 験に基づく記述は、「なるほど!」「へー、そう なんだ!」と頷きながら感心することが178頁 の薄手の著書ながらタクサンあります。
          *
 本通信の「7月号」、創刊から「77号目」で ここだけの数字を並べると、777と“7”が3 つも揃う号になりました。
 そこでチョットだけ遊び心から、今回のタイト ル「夏です。水です。健康です。」というような ものにさせてもらいました。

 竹内先生が一般読者に分かりやすいように書い て下さったおかげで、一気に読める本になってい ます。さらに、内容の濃さから読み直しも自然に 出来ます。つまり、リピーターになってしまう内 容です。もっと言えば、「新水いぶき」愛飲の 方々には、非常に体験的にも納得できる情報であ り、これからの人生も“ミズミズシイ”若さを保 持するための一書かと思います。
その項目を右欄で☞

【「夏です。水です。健康です。」】
☞ 左欄の続きです。目次だけでも有益なので……。
序 章 水分を多くとることは、最強のボケ封じ
第1章 認知症はどういう病気なのか
第2章 水の力が症状を消す
第3章 体調をよくすれば、認知症は治る!
第5章 水分補給で治った実例
第6章 まわりの無理解がボケを悪化させる
第7章 日本の介護はこんなにお粗末
 竹内先生は、1973年から特養の担当医として寝 たきりを解消させようと奮闘する過程で「脱水」が人 間の活動力を削いでいることに気づいたそうです。

【体内を占める水分量の割合】を表にすると。
 子ども 75%
 成 人 60%
 高齢者 50%

 仮に体重50㎏の高齢者であれば、25㎏が水分
なり、その1~2%の水が欠乏すると意識障害が起き
るそうです(これはどの年代でも)。
 25㎏の1~2%と言えば、250~500cc、つ まりペットボトル1本分程度の水が不足しただけで、 意識が怪しくなるほどに繊細な私たちのカラダという ことになります。
 意識障害の怖さは、意識を失うと助けを呼ぶこと も、水も飲むこともできず、何よりも不調を感じるこ とができない……と竹内先生は警告されています。

 さらに「認知症」についても 「根底に水不足がある。その治療とケアは、水に始ま り、水に終わる。これが40年間、認知症にかかわっ てきた私の結論である。」
と、言い切り、65歳を超えた高齢者には、1日15 00ccの水を飲むことが認知症の予防と治療になると 主張(医師に水分を制限されている方は別)。
同じ水なら「新水いぶき」が、より良いですね!
◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00