北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

葉月 00078

北海道天然水 2018年 葉月 00078

新水IBUKI通信

◆「水が気になる夏、それと汗」◆

 汗をかけば喉の渇きも感じて、水が欲しくなる のは自然なカラダの反応です。 その汗も、汗腺というカラダに備わった機能が 働いてくれた結果ということも出来るようです。 8月も……「水」との縁が深まる季節です。           *
 先月の通信で竹内孝仁さんという医学博士の 「水」についての著書を紹介させてもらいまし た。すると、読まれた方からこの通信の58号 (2016年12月)でも竹内先生の「水を摂るこ との大切さ」に触れていましたネ、とご連絡をい ただきました。有難うございます。

 それは「女性セブン」(小学館:2016年11 月17日号)という週刊誌が、竹内先生の顏写真 入りで「今回の取材に答えた竹内さん」とキャプ ションを付けた丁寧な記事でした。
 主として女性向けの週刊誌であるためでしょう か、見開き2頁の記事は冒頭に女性タレントさん の体験談が顔写真入りで掲載されています。読者 に伝わりやすいように工夫されています。
 見出しのフレーズを抽出すると
今日からの新習慣 ボケたくないならもっ ともっと水を飲め!50代から若年性認知症の危険!それは “水不足”が原因かも‥あなたも実は渇いていま す!!脱水で意識レベルが低下すると、認知症が進 行する1日1・5ℓの水を飲む習慣を今から身につ けよう水の刺激で腸が動き出し、自然排便がスムー ズになる           *
「水」は、人間を含めて生き物にとっては、必 要不可欠なものですが、高齢社会に突入している この国の国民にとっては、その重要度はさらに高 まっていることは確かでしょう。

 *お詫び=58号では「週刊セブン」と間違った記 載でお詫び致します。「女性セブン」が正しいです! “冷や汗”が流れます。「新水いぶき」でアタマを スッキリさせます。

【生命を根底から研究】

 つい最近、札幌市内に拠点をもつ財団が発行する ブックレットを手にすることができました。非売品で すので入手しにくい側面もあります。
 その点、「新水いぶき」が非売品でなくて良かった と素直に思えます。
          *
 今年の冊子はシリーズで26冊目。何と1冊目は、 1993年発行の「生命の長さと質」というタイトル で、著者は日野原重明先生。当時は、聖路加看護大学 長でした。25年前、この財団のために来札されて講 演されていた記録です。
 それから4半世紀。1986年に大阪大学理学部生 物学科を卒業された桜田一洋(さくらだ・かずひろ)博 士が、やはり「生命」を時代の先端科学を視野に入れ て講演されたわけです。タイトルは「生命とはなにか ~コーディネーションによる自由の創出」

 桜田さん、医学博士ではなく理学博士です。理化学 研究所の「医科学イノベーションハブ推進プログラム 副プログラムディレクター」の肩書き。
 昨年、その講演を聞くことが出来ましたが、耳から のごく表面的な理解でした。今回、文字になった講演 記録から「人間と生命」の関係が「生命医科学の示す 世界観」、「遺伝子と環境」といった視点の明快さに 納得出来たように思えました。

 桜田博士は、新しい生命医科学の体系構築への挑戦 を続けていて、新生命論の構築に邁進中です。それを 感じたのでしょうか、上記の財団では今年も昨年に続 いて桜田博士に記念講演を依頼していると知りまし た。財団としても初の連続講演で、前代未聞レベルか と拝察しています。
その突出ぶりは、「新水いぶき」にも似た出来事の ようにも思えます!
 共に「生命」という領域に関係する点でも……。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00