北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

長月 00079

北海道天然水 2018年 長月 00079

新水IBUKI通信

◆「水と大豆と豆腐とおから」◆

         札幌・H.M(女性)

 「新水いぶき」の良さを教えられて、そしてい ただいたこともあって、それほどのものなら…… と、「水」を思い切り活かせる食材に!と閃いて 「ざる豆腐」にチャレンジしました。
用意したのは、

①「道産大豆」1/2カップ(90cc分)
(約65グラム)
*豆の鮮度にもよりますが、8時間前後、豆を 「新水いぶき」(600cc)に浸します。

②丸かった豆が水を吸って、ふくらみ切って豆型に なったところでミキサーにかけます。

③ポタージュ状になったところでストップです。
(昔の人なら、すり鉢とすりこぎを使用です ね。)

④水を500cc大きな鍋で沸かしておきます。

⑤その大鍋が沸騰した後、弱火にして③で出来た ペースト状になった大豆を約10分ほど煮ます。

⑥豆の青臭かった匂いが、豆乳臭に変わります。

⑦今回はガーゼ、あるいは日本手拭いで漉します。
(熱いのでゴム手袋着用です。冷めるまで待って もいいのですが。)

⑧ここで、「豆乳」と「おから」に分かれます。

⑨「豆乳」を沸騰直前まで温めて、100mlに対 して、1mlの「にがり」を入れてほんの少し混 ぜます。(天然の「本にがり」で)

*沸騰寸前には鍋の上面に薄い膜が発生
⇒ 湯葉ですね。

⑩竹ざるにこれ(⑨)をゆっくりと注ぐと「ざる豆 腐」の完成。

⑪「型」に入れると「木綿豆腐」になります。

⑫手間暇惜しまずに吟味された素材を使いきった 「ざる豆腐」が美味しかったことは言うまでもあ りません!お陰様で「また、食べたい!!」と言わ れています。「新水いぶき」に感謝です!!!

【おから話】

 「ざる豆腐」を作ると、当然ながら「おから」が残 ります。これも大豆です。
 昔は、オカズとしても売られていましたし、各家庭 でそれぞれ特徴ある味付けで家庭料理にもなっていた ものです。
          *
そこに日本料理店「つきじ田村」さんの三代目が全 国紙の「わたくしの料理」コーナーに“一番まずくて うまい「おから」”という見出しで登場されていまし た。(朝日新聞:2018年7月20日・17面)

 “”の言葉は、祖父、つまり「つきじ田村」の初代 の教えとのこと。 以下の紹介でした。

……そのままなら大豆の搾りかすだけれど、手をかけ れば料理になる。「食べものをすべてを生かすのが料 理人。腕次第ということでしょう」……

 で、三代目の作る「おから」は、「一握りのおから で、ボリュームたっぷりのお惣菜」に仕上げられた、 と記事は伝えています。

 「材料と作り方」も紹介されていましたが、教え通 りに素材を見事に使い切っていることが分かるもので した。例えば、使う素材とその色を思えば以下の如し です。
  ・ニンジンの皮……………………赤
  ・長ネギの青い部分………………緑(青)
  ・ゴボウの先の細いところ………黄(白)

 普通は捨てる野菜の端っこを活かして、彩り豊かな 惣菜に変身させていることは、記事の写真からも理解 できました。
 絞った後とは言え、「新水いぶき」をたっぷり吸い 込んだ「おから」、捨てるには惜しすぎますよね!

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00