北海道天然水 新水 いぶき,自然,写真

霜月 00081

北海道天然水 2018年 霜月 00081

新水IBUKI通信

◆「生活の“質”向上をめざすならば……」◆

 「高齢化社会」と言われていたのが、いつの間 にか「化」の一字が消えてしまい、今や「高齢社 会」になってしまっています。統計学でも裏付け られている事実です。

 そんな時代だからでしょうか、「認知症専門」 を掲げるクリニックが身近なところに誕生して数 年が経ち、早朝から高齢者が付き添いの方と一緒 に医院に向かう光景を普通に見かけることが少な くありません。

 そのクリニックで地域への社会貢献事業の一環 と思われる集まりが隔月で開催されています。す でに多くの方々が参加されているのでしょう。
「サロン形式」での学習会は、参加費一人百円で お茶と菓子付き、そして院長さんの医療解説付き という内容で、相当に遠くから参加されている方 もいました。

 参加者は、家族に認知症の人を抱える方、ご自 身の予防目的で勉強に来られた方、行政サイドか らは高齢社会に突入した現状への行政対応につい て、基礎知識を得るために参加されている方など 様々でした。
 1時間ほどの学習タイムは、会場提供の院長先 生が「認知症」とその予防に向けた生活スタイル を提唱する内容で瞬く間に時間が過ぎました。

 中で印象に残ったのは、加齢に伴って肌にシミ が生じてくるように、脳にもシミが生じてくる結 果が、いろいろな生活場面でトラブルとなってし まう……という分かりやすいお話。
 となれば、肌の手入れ同様に脳に対しても手入 れが必要になりますが、無論、直接、脳をどうこ うする訳ではアリマセン。第一、そんなこと出来 ませんよね!
 出来るのは、脳に良い刺激を与えるような、脳 に元気かつ健康な血液を送れるような、神経が正 常に動けるような生活環境を心がけること……と いうのが「基本の“き”」となるようでした。
 そのための運動、食事、休息の取り方などな ど、日常生活の「質の向上」を心がけるのは、 「いろはの“い”」の世界でした。

【見えない脳の世界を見る!?】

 見えない脳の世界ですが、現代は、それをMRIと いう検査方法で頭蓋骨の中にある脳を見ることが出来 ます。好奇心も手伝って、その勉強会で検査の受診を 予約することに致しました。
 結果については、以下のようなことでした。

 ・脳の画像からは、年齢に似合った程度に脳のサビ  がうっすらとあるようです。
 詳しくは血液検査の結果が2週間後に出てきます  ので、それも参考にしながら、今後の生活習慣を  見直しましょうネ……でした。

 「新水いぶき」を飲んでいるので、少々の自信はあ りましたが、それでも人の名前がすぐに出てこない最 近です。鏡に写る自顏に増え気味のシミは、脳のシミ (サビ)の反映と自覚するのに好都合なサインなん だ!と気づく学習会でした。
 見えない「脳」世界ですが、その現状を知らせるサ インはいろいろと点灯されているのかも知れません。 少なくても、深夜に突如襲う大地震のようなことには ならないでしょう!

【減塩と糖質オフ・ゼロ】の人気ぶり

 健康志向の質的な変化の調査(2012~16年: 富士経済)によれば、食品市場での市場規模は健康効 果をうたったものが15%増、中でも減塩商品は4 2%増、糖質オフ・ゼロは39%増ということです。
 同じ流れの中に「サラダカフェ」「サラダバー」の 人気もあって、クイック&ヘルシーという時間のない 中で健康を意識する結果のようです。

 クオリティを求める需要でしょうか!
 その流れの中に「新水いぶき」もある話は、近いう ちにご紹介予定させてもらいたいと思っています。

◆【編集後記】本通信へのご感想大歓迎!
送り先:「遠友いぶき・ひと花プロジェクト」事務局
前月から下記に変更になりました。本社ということになります。 〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
          北海道良水(株)内
◆【商品についてのお問合先】⇒北海道良水株式会社
〒004-0841 札幌市清田区清田1条1丁目6-1
電 話:011-883-1111
(フリーダイヤル):0120-511-744
※お問い合せ受け付け時間:平日 10:00~15:00